クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

グッドイヤータイヤと自動車のマッチング|元プロメカニックのオススメはこれだ!

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

アメリカが誇るタイヤメーカーといえば「グッドイヤー」

世界最大タイヤメーカーの一角であり、世界中でその動向には常に注目を集めている素晴らしいタイヤメーカーです。

グッドイヤーのタイヤといえば、ハイパワーなエンジンにもしっかりと応えてくれる懐の深さが強く印象付けられます。

フォード・キャデラック・ダッヂといった大排気量の自動車に、古くから使用され続けているこのタイヤの現在のラインナップについて見ていきたいと思います。

1.エコタイヤ EfficientGrip Eco EG01

SUV以外のボディータイプに使用することができるスタンダードエコタイヤです。

さすがのメーカー力です。
EG01はエコタイヤとしての特性を充分に発揮してくれるタイヤです。

特に目を見張るのは、ウェットコンディションでの性能の高さです。

トレッド面の温度に左右されることなく路面を確実に捉えるそのグリップ性能、走り出しからタイヤの固さを感じない乗り心地の良さ、それだけでなくロングライフ性能までも兼ね揃えたユーザーに優しいタイヤなのです。

…と、セールスポイントはこのぐらいで良いでしょう。
実際にEG01を使用すると、軽自動車・コンパクトカーがメインターゲットなのではないかと思うほどに粘りが足りません

車重が重くなると、その粘りの低さがより強く露呈してしまいます。

決して悪いタイヤではないのです。
燃費も良く転がり抵抗も少ないグリップ性の良いタイヤ。

しかし、キャパシティーの低さが泣き所といった感じです。

13インチから18インチのサイズラインナップは、とりあえず誰にでもオススメしやすいオールマイティーなタイヤとしての位置付けを強く感じます。

2.ハイパフォーマンスコンフォートタイヤ EfficientGrip Performance

乗り心地の良さ、燃費の良さ、走り心地の良さの三拍子揃った楽しいタイヤといえばPerformanceです。

確かにこのPerformanceというタイヤは良くできています。
セダン・コンパクトカー・ミニバンにマッチしたタイヤで、コンフォート感の高さはかなりのものです。

エコタイヤほどの低燃費性能とまではいえませんが、前へ進もうというグリップ性能の高さのおかげで力強い走行感を楽しめます。

さらに、ロングライフ性能にはさすがのブランド力を感じます。
安定した静粛性と乗り心地を長く維持することができ、安心のドライビングを楽しむことができます。

若干柔らかめなトレッド面の影響か、知らず知らずのうちにスピードが出てしまうのが欠点でしょう。
気付いた時には60km/hを叩き出しているメーターに驚いたのを覚えています。

無理なく軽やかな走行感は、運転するあなたに必要以上にアクセルを踏み込む必要がないと訴えてくるかのようです。

15インチから18インチのサイズラインナップは、乗用車のメインステージとなるでしょう。

3.ウルトラハイパフォーマンス EAGLE F1 ASYMMETRIC 3

ハイパフォーマンスカーに求められる力強いグリップ性能、ハンドリングに瞬時に反応する鋭い追従性、いかなるスピード域からでも自信を持って停止できるブレーキ性能。
スポーツ走行にもマッチするその乗り味は、ハイクラスセダン・スポーツカーにオススメしたいタイヤ。
それがEAGLE F1 ASYMMETRIC 3というEAGLEシリーズのフラッグシップモデルです。

レースタイヤではなくスポーツタイヤ。
つまり、一般道を走行するために運動性能を追求したタイヤだということです。

F1 ASYMMETRIC 3の最大の特徴は、スポーツタイヤとしての性能を落とさずに実現させたその低燃費性能です。

17インチから20インチのサイズラインナップもオイシイサイズを抑えています。

サイズさえ合うのであれば、ミニバンにもオススメしたい力強いタイヤです。

4.ドライビングコンフォート EAGLE LS EXE

エコタイヤの走りの甘さを払拭してくれるかのような低燃費タイヤ。
ワインディングを軽快に走り抜けられる楽しさを持ったEAGLEシリーズのコンフォートタイヤがこのEAGLE LS EXEです。

中速域でのパフォーマンス性に富んでいて、静粛性の高さが好みです。

LS EXEは、ウェットコンディションでのグリップ性能に特徴があり、ハイドロプレーニング現象を起こしづらいトレッドパターンを配されています。

14インチから20インチという幅広いサイズラインナップのおかげで、SUV以外のボディータイプにマッチできるタイヤです。

5.オールシーズン Vector 4Seasons Hybrid

年間を通して1セットのタイヤで切り抜けることができる。
これは自動車ユーザーとしては大きなメリットです。

グッドイヤー製のオールシーズンタイヤVector 4Seasons Hybridは、若干のクセに好みが左右されてしまうのが泣き所です。
ちなみに、私はあまり好きにはなれませんでした。

そのクセとはパターンノイズ
ゴム質の張りが強いようで、パチンと弾けるような感覚を覚えました。
気になり出すと集中できなくなるため、オーディオレスで運転するのが好きな方にはあまりオススメできません。

しかし、乗り心地は悪くありません。
むしろコンフォート感はエコタイヤよりも良く感じます。
静粛性に関しては上でお伝えした通りのパターンノイズがありますが、クッション性とグリップ性能は抜群です。

とっさの雪やアイスバーンにも対応できるので、一度はお試しいただきたいタイヤです。

13インチから18インチのサイズラインナップが用意されているので、軽自動車からミニバンまで、SUV以外のボディータイプにマッチすることができます。

6.オンロードSUV EfficientGrip SUV HP01

いまやオンロードでの活躍がメインとなっているSUVに、オンロードならではの特性を強くしたタイヤが欲しいと考えるのは至極当然な判断です。

低燃費性能、ロングライフ性能、グリップ性能にブレーキ性能、コンフォート感につながるあらゆるオンロード特性を追求して作られたSUV専用タイヤ。
それがEfficientGrip SUV HP01です。

車重が重いSUVには、通常のゴム質では耐久性が足りず転がり抵抗が増えてしまいロングライフ性能なんてものは望めませんが、専用にチューニングを施したゴム質を採用することによってSUV専用の静粛性に富んだロングライフ低燃費タイヤを実現しました。

若干フワつきを感じますが、グリップ性能の高さが充分にそのネガティブ要素を補ってくれます。

15インチから21インチのサイズラインナップは少々手広くし過ぎているかのような気もしますが、対応車種が増えることは悪いことではありません。

しかし、その分コスト面に影響してしまっていることを考えますと、そこまで広げる必要はなかったかなと…

7.ピュアスポーツ EAGLE RS SPORT S-SPEC

モータースポーツにおいて、勝つことが全てである現実と真摯に向き合って開発に打ち込んできた結果の逸品。

誰よりも速く走ることだけを考え、誰よりもレスポンシブなハンドリングで、どんなスピード域からでも停止できるストッピングパワーを実現できるオンロードタイヤの最高峰。
それがEAGLE RS SPORT S-SPECというタイヤです。

ウェットコンディションであっても力強いグリップ性能を発揮できるよう、排水性の高いトレッドパターンの採用で一般ユースにも対応できるのは嬉しいポイント。

スポーツタイヤらしく静粛性は劣るのですが、低速度域メインの一般道でもその実力を遺憾なく発揮できるスポーツタイヤは他を探してもなかなか出てこないでしょう。

14インチから18インチのサイズラインナップは、軽自動車からでもチョイスできるという最大のセールスポイントです。

メインターゲットはハイクラスセダン・スポーツカーになりますが、幅広いボディータイプに対応できるサイズラインナップなので限定する必要はないかと。

8.まとめ イチオシタイヤはこれだ‼︎

グッドイヤー製のタイヤは、ノーマル状態の日本車には若干大味な印象を受けます。
特にセダンやコンパクトカーにおいてはその特徴が顕著です。

そんなグッドイヤー製タイヤで、ノーマルでもチューニング済みでも間違いなくオススメできるタイヤは何かと考えた時、唯一思い浮かんだタイヤがコレ。

オンロードSUV EfficientGrip SUV HP01

このタイヤは外せないです。
低燃費性能の高さよりも、注目したいのは専用トレッドパターン

偏摩耗に強い上に、排水性の高さが車重に負けずハイドロプレーニング現象の抑制にも貢献してくれます。

ハイパワー・ハイトルクにも負けないグリップ性能の高さはさすがグッドイヤーです。

SUVユーザーの強い味方となるベストチョイスです。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識