クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

中古車でも人気!ホンダのタイプRを徹底解説

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

2015年ニュルブルクリンクで、ルノー・メガーヌトロフィーの記録を、4秒も速い7分50秒63で塗り替え、FF世界最速という称号を手に入れたシビックTYPE(タイプ) Rは、750台限定で日本に輸入され、またたく間に完売しました。

現在、ホンダが販売するTYPE Rはシビックの1車種のみとなってしまいましたが、90年代後半から2000年代にかけて、ホンダと言えば「タイプR」と言っても良いほど、ホンダのイメージを象徴するものでした。
そして、TYPE Rと名の付く車は、現在でも中古車市場で人気があり、高い値段を維持しています。

今回は、そんなホンダが本気でスポーツカーを作っていた頃のTYPE Rの歴史を振り返ってみたいと思います。

■タイプRのスタートはNSXから

ホンダが生産した初めてのタイプRはNSX TYPE Rでした。
1992年から3年間限定で生産され、約120kgの軽量化、サーキットでの走行を見据えたハードなサスペンションなどで武装し、ボディーカラーはホンダがF1に第一期参戦当初のマシンをイメージした白の「チャンピオンシップ・ホワイト」、チタン製のシフトノブなど、TYPE Rの文法と言うべき形をはじめに作ったのが、NSX TYPE Rです。

この後、インテグラTYPE R、シビックTYPE Rと続くわけですが、インテグラTYPE Rのインパクトが大きかったため、NSXが「タイプR」の元祖だと言うことは以外と忘れられがちです。
実は、筆者もインテグラTYPE Rが「タイプR」の元祖だとずっと勘違いをしていました。

NSX TYPE Rは3年間の製造後しばらくラインナップから消え、10年後の2002年NSXのマイナーチェンジから遅れること6カ月で、NSX-Rとして、いわゆるタイプRが復活します。

NSXは今でも人気車種ですが、とりわけTYPE RとNSX-Rの値段は高くなっています。

■エンジンを手作業で製造していたインテグラTYPE R

1995年に登場したインテグラTYPE Rは鮮烈なデビューを果たしました。
1.8リッター直列4気筒のVTEC(可変吸気バルブタイミング&リフト量)は、吸気ポートを手作業で研磨するなどのこだわりで、ノーマル比20PSアップの200PSを達成しています。
また、フロントにはヘリカルLSDが搭載され、北海道の鷹栖に作られたニュルブルクリンクを模したテストコースで足回りが鍛えられました。

そして、ボディの補強と共に、エアコン、オーディオ、リヤワイパー、遮音材などを撤去して軽量化にこだわりました。
室内は、エアバッグレスのMOMOの小径ステアリングに、レカロシート、削り出しのシフトノブなどが、TYPE Rの文法として装備されていました。

インテグラTYPE Rの走りは、それまでのFF車の常識であった、「アンダーステアが強い」というネガティブを打ち消し、FFでもスポーツカーを作ることができると言う大きなアピールとなりました。

インテグラ TYPE Rは、2世代にわたって生産され、2006年に生産終了していますが、インテグラTYPE R以降のTYPE Rは、FF最速の車としてイメージが定着していきます。
おそらく、そのためにマイナーチェンジ後のNSXはNSX TYPE RではなくNSX-Rを名乗ったのではないかと筆者は推測します。

■インテグラに続いたシビックTYPE R

シビックTYPE Rは、TYPE Rの第三弾としてシビックをベースに仕立てられたモデルです。
シビックTYPE RもNSXやインテグラと同様にチャンピオンシップ・ホワイトのボディーカラー、レカロシート、MOMOのステアリング、削り出しのシフトノブなどが装備されています。

もちろん、軽量化やハイパワーなエンジン(初代は1.6リッター直列4気筒エンジンで185PS)固められたサスペンションも同じです。

現在ホンダのTYPE Rシリーズで販売が続けられているのは、結局このシビックTYPE Rだけになってしまいました。

NSXやインテグラのTYPE Rが2世代で終わったのに対して、シビックTYPE Rは最新型で4世代続いています。
シビックTYPE Rは初代こそ国内専用でしたが、2代目と4代目はイギリス生産の逆輸入で、3代目は国内と欧州で全く違う車をベースにTYPE Rが作られるなど、どちらかというと欧州主体で作られています。

最新のFK2型のシビックTYPE Rではエンジンにターボが搭載され、310PSの高出力になり、ニュルブルクリンクでFF最速タイムをたたき出すまでになりました。
あいにく日本には750台限定でしか入って来ませんでしたが、2017年には新型のシビックが登場し、更にTYPE Rも予定されているそうです。
次のTYPE Rは普通に買える車になってほしいものです。

■アコードにもタイプRがあった!?

じつは、ホンダ・アコードにもTYPE Rと言うべきモデルが存在していました。
それは、アコードEuro Rと言うモデルで、エアロパーツ、レカロシート、MOMOのステアリングホイール、削り出しのシフトノブと言ったTYPE Rの文法に沿った装備になっていました。

エンジンも直列4気筒エンジン2.2リッター(初代)、2リッター(2代目)で220PSの出力を誇っていました。

ただ、アコードの性格上、NSXやインテグラ、シビックのTYPE-Rとは異なり、4人が快適に移動できることを目指した性格となったため「R」は共通ですが、TYPE RではなくEuro Rと名付けられたのです。

この、アコードEuro Rは、TYPE Rほどハードな車は乗れないけれど、TYPE Rの血筋を感じさせてくれるモデルとして、子供や家族と移動することの多いお父さん達に、とてもよく売れました。

■猫も杓子も赤バッチという時代も!?

TYPE Rのもう一つの特徴として、車のボンネットとリヤに取り付けられたホンダのバッチがありました。「赤バッチ」と呼ばれる特別なエンブレムはホンダの「H」の周りが赤で塗りつぶされたもので、これがTYPE Rのイメージを象徴していたのです。

1990年代後半から2000年前半にかけて、ホンダTYPE Rが全盛だった時代には、このTYPE R専用の赤バッチが大流行し、ホンダ車に乗る人はこぞってこのエンブレムを手に入れて愛車に取り付けていました。

今では考えられないですが、当時はホンダと言えばスポーツカー、スポーツカーと言えばTYPE Rという時代だったのです。

■NSXもシビックも欧米が主導、そろそろ日本のTYPE Rが見てみたい

最新のシビックTYPE Rも、最近復活したNSXも、残念なことにどちらも欧米のホンダが主導で開発を行っています。
最近の、日本のホンダは、軽自動車とミニバン専業のメーカーだと思っている人も多いのではないでしょうか。

そんななか、昨年2015年に登場したS660は久しぶりに車が好きな私たちを、わくわくさせてくれる車でした。
ホンダには軽自動車のS660だけでなく普通自動車でも私たちをわくわくさせてくれるような、車を作ってほしいものです。

最近はスポーツカーが見直されてきているので、ホンダも是非このタイミングで「これぞホンダのスポーツカー!」という車を私たちの前に登場させてくれないかなと思います。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識