クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

プロメカニック直伝!アフターパーツの定番ステアリングの交換方法

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

巷に出回っているアフターパーツの数々。

交換することによって車内の雰囲気を変え、操縦性にも直結してくるアフターパーツもゴマンとあります

自動車を運転するのに無くてはならないもの

それがステアリングです。

ですが、その仕組みを知らない人が多いのには驚きです。

ステアリングの交換方法について説明する前に、ステアリングの性質・役割など順を追って解説します。

ド素人でも分かる確実なステアリングの交換方法をプロメカニックのテクニックも交えて伝授します!

1.ステアリングとは何?

ステアリングとは、ステアリング・ホイールを短縮した名称で、一般的にはハンドルと呼ばれています

その主たる役割は、自動車の進行方向を変える為のシステムです。

ステアリングとハンドルは同一ののように理解されていますが、実際には次のような違いがあるのです。

 ➢ステアリング

  操舵装置=自動車の進行方向を変えるシステム

 ➢ハンドル

  取っ手=手で持つ部分

厳密にいえば、実際はこのような違いがあるのですが、余り固いことをいわずに話を先に進めましょう。

2.自動車は何故曲がるのか?

ハンドルを切ることによって方向が変わるのは、30km/h未満の低速のときのみ

30km/hを超えるスピードの場合には、ステアリングによる旋回と遠心力によって曲がることができるのです

この旋回力を生み出すのがステアリング

自動車は、遠心力がなければ、ステアリングだけでカーブを曲がる操舵はできません。

従って、ステアリングとは、遠心力を利用してカーブを曲がることができるようにする装置であるといえます。

もし、ステアリングがなければ、自動車はただ直進するだけの乗物になってしまいます。

3.パワーステアリング(パワステ)とは?

エアコンなど快適設備の付いていないスパルタン自動車を除き、今では世界中殆どの自動車のステアリングはパワステになっています。

パワステとはハンドルの回転を補助するシステムで、女性や停車中でも軽くハンドルを回すことが可能なシステム

また、キックバック現象と呼ばれる、タイヤから運転者に伝わる衝撃を軽減するいう役割もあります。

4.パワステの仕組み

パワステには次の2種類があります。

 ❏油圧式パワステ

  油圧式は、エンジンの出力でポンプを動かし、そこから取出した油圧により作動させるシステムです。

  このシステムの欠点は

   •エンジンの出力を利用するた、走行中にムダなエネルギーを消費する。

   •エンジン停止中にハンドルを動かすことができない。

このため、近年ではパワステの殆どは電動式に取って代わられました。

 ❏電動式パワステ

  電気モーターの力で作動するシステム

  現在世界中の自動車では、この電動式が主流となっています。

  油圧式と異なり、エンジンの出力を直接利用している訳ではないので、燃費の点では有利ですが、操舵感覚の自然さでは油圧式より劣るのが難点です。

  その為、近年では電気モーターの力で油圧を操作する電動油圧式パワステも登場しています。

電動式パワステには大きく分けて以下の3種類があります。

 

➢コラム式

  車内のハンドルにモーターを付けて直接ステアリングを補助する。

 

➢ラック式

  ボールねじを用いてモーターがラックを直接補助する。

  現在、中・大型の大出力設計の自動車に採用されている。

 

➢ピニオン式

  ハンドル軸に付いたピニオンギヤトラックギヤを組み合わせてステアリングを補助する。

  現在、乗用車の殆どが、ラック&ピニオン式を採用している。

5.ステアリングの交換方法とその手順

ステアリング交換の方法及びその手順についてご紹介しましょう。

エアバッグ付きのステアリングの交換は、手順を間違えるとエアバッグの「暴発事故」を起こす可能性があります。

しかし、きちんとした下準備さえ行えば、ステアリングの交換はそれ程難しい作業ではありません。

電気が流れていなければエアバッグも開くことはないのです。

❏気に入ったステアリングの選択

まずは、自分の気に入ったステアリングの選択をしなければなりません。

ステアリングには、エアバッグが付いているものと付いていないものがあります

エアバッグは付いていなくても、車検は通りますが、保険料が変わってくることがあるので注意が必要です。

もしも、通常のエアバッグ付きの保険に入っていて、エアバッグの付いていないステアリングに交換した後に事故を起こした場合、保険金が支払われないことがあります。

エアバッグのついていないステアリングに交換したときは、必ずその旨を保険会社に連絡することを忘れないでください。

エアバッグが付いているステアリングを選ぶか、付いていないのを選ぶかは個人の自由なので、とにかく自分の好みの交換用ステアリングを選んでください。

❏作業に必要な工具

1.トルクスドライバー

2.ボックスレンチまた十字レンチ

3.スパナ

4.マイナスドライバー

❏作業に入る前に

1.作業に入る前に、前車輪の角度(方向)とハンドルの位置を確認します。

直進状態にしてください。
 
これを忘れると後の作業がやりにくくなります。

2.運転席シートを後ろに移動させる。

後の作業でステアリングを固定しているボルトを外す際の作業がやり易くなる。

3.まず最初に、バッテリーのマイナス端子を外します。

念の為、プラス端子も外し、バッテリーと車体を切り離してください。

次にブレーキを約1分間踏んでランプを点灯させ、車体に残っている電気を全部放出します。

整備説明書には、端子を取り外してから60秒以上待ってから行うこととなっていますが、
安全の為に10分ほど放置することをお薦めします。

6.エアバッグモジュールとステアリングの取り外し作業

1.エアバッグモジュールには裏側に3つの突起ピンが有ります。

これらはステアリングに装着されている針金状の部品スナップ・スプリング
挟んで固定されています。

そのピンをズラしてピンの固定を外せばエアバッグが外れます。

六角ドライバー(3mm)をステアリング裏のカバーの右、左、下の3ヶ所の穴サービスホールから
差し込み、バネ状のスナップ・スプリングを奥へ押し込みピンから外れるようにします。

最後の1個を外すときに、エアバッグモジュールがバネで飛び出してくる可能性があるので、
養生テープなどでステアリング裏のカバーに軽く固定しておくと良いでしょう。

2.エアバッグモジュール裏のコネクタを外す。

エアバッグの裏には2つのコネクタがあり、外側のホーンのコネクタは引っ張るだけで外すことができます。

中央のエアバッグモジュール・コネクタは、中央部の黒いストッパーを
マイナスドライバーで引っ張り出し、黄色いコネクタごと引き抜きます。

3.ステアリング・リモコンのコネクタとホーン
コネクタを車両側(スパイラルケーブル)から外す。

4.中央の固定ボルトを21mmのソケットレンチまたは十字レンチで外す。

5.ステアリングを外す。

6.パドルシフトレバーを外す。

ステアリングの裏面にあるパドルシフトの固定ネジを2本外すと、パドルシフトレバーが 外れます。

同時に左右のコネクタも外します。

7.ステアリングの裏側のカバーを外す。このカバーは黒い4本の突起「ピン」が
ステアリングのフレームに刺さって固定されている。
 
ステアリングの表から、上下にある4つの黒いピンをらんっ所ペンチなどで挟んで、
奥(裏側)へ押し込むと裏面のカバーが浮いてきて外れます。

8.ステアリングリモコンのハーネスを外す。

ステアリングリモンコンのハーネスは、ステアリングフレームに2つの白い突起ピン
固定されているので、ステアリングの裏側からラジオペンチなどで挟んで奥(表側)へ押し込むと外れます。

9.ステアリングスイッチ本体を外す。

ステアリングスィッチの裏側には片側5ヶ所の突起ピンがあり、それらがステアリングフレームに
押し込まれて固定されています。

いきなり引っ張たりすると5本のうちの1本は特に折れ易くなっているので、注意が必要です。

突起は、太いのが3本、細めのものは2本の計5本です。

5本のピンが刺さっている箇所の周辺をヒートガンで温めた後に、細い方のピンのストッパー部分を広げながら
ステアリングリモンコンの裏側から表側に向かって上下部分を押し込みます。

10.ハブカバーを外す。

このハブカバーは裏面に5本のピンがあり、それらが、ステアリングフレームに刺さって いる状態です。

V字型に配置されているピンの一番下以外の4本はステアリングフレームの裏側から突起しているのが見えるので、
裏から押し込んでいけば徐々に浮いて来ます。

これで、ステアリングを外す作業は完了です。

装着は、この逆の手順で行ってください。

方法や手順は思ったより難しくはないはずです。

細かな要所さえ押さえてけば、誰にでも容易にできる作業です。

ただし、ステアリングの取り付けに使用している固定具は全車種統一ではないため、ある程度の工具を所持しておくようにしましょう。

 •大口のプラスドライバー
 •10mmヘキサゴンレンチ
 •10mmトルクスレンチ

車種によっては、多少形状が異なっているかも知れませんが、基本的には方法や手順はどの自動車でも同じです。

ステアリングは、コックピットの中心にあり、運転中ドライバーが常に触れている大事なパーツです。

ステアリングが変わると気分も変わり、ドライブがより楽しくなります。

自分の好みに合せてステアリングをカスタマイズし、素晴らしいカーライフを楽しみましょう。

■こちらの記事も合わせてどうぞ!!■

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識