クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

高級外車は中古車を狙え!最新の高級車を半額で手に入れる方法

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

輸入車と言えば値段が高くてとても手が出ないと言う話は良く聞きますよね。
一方で、輸入車を頑張って購入したのに下取(買取り)で査定が低くてがっかりしたと言う話も耳にします。

どうしてこんな不満が起きてしまうのでしょうか。そして、その仕組みをつかえば高級輸入車を最大半額で購入する事ができるとしたらどうでしょう。

■中古車市場と新車市場の違い

中古車と新車の違いは簡単に言いうと、新車は1回も登録(ナンバーを付けること)をしていない車、中古車は1度または複数登録され、ナンバーを取得したことがある車と言うことになります。

中古車と新車同じ車ですが、その車が売られる市場の特性は全く異なるものなんです。
どう言うことかというと、新車が売られる新車市場では車の価格は自動車メーカーや輸入代理店が決定します。

それに対して中古車が売られる中古車市場は市場原理で動きます。
単純にその車が売れるか売れないか、需要に対して供給が多いか少ないか、によって値段がつけられていきます。

例えばある車が、中古車として市場にあまり出回っておらず、しかもその車を中古車で購入したいというニーズが多ければその車の中古車市場での価格は高騰します。

分かりやすい例では空冷のポルシェなど人気の希少車は新車の価格の数倍の価格になったりすることすらあるのです。

それに対して、いくら高性能で高級車と言われる車でも買いたいという人の数よりも売られている車の数の方が多いと、中古車市場でのその車の価値が下がっていき、中古車市場での価格は下がって行きます。

そして一旦中古車市場で価格が下がってしまうと、滅多なことでは中古車市場でのその車の価格が上がることはありません。

■高級輸入車の価格が暴落する理由

では高級輸入車の価格が中古車市場で大きく下がる理由は何でしょうか。

まずはじめに、輸入車の新車価格が高いのが原因としてあるでしょう。
新車の価格はメーカーが決定しますが、国産の同じクラスと比べるとどうしても高額になりがちです。

もちろん高いのにはそれなりの理由があるのですが、それが理由で輸入車の新車は国産車と比べると買いにくい存在になります。
しかし、自動車の販売会社は値段の高い高級輸入車であっても販売台数を増やす必要があります。
そんなときに販売会社は大幅な値下げを行います。
価格の高い高級車の場合値引き額が100万円を越えることも珍しくありません。

そうすると今度はその新車の大幅値引きされた額より高い価格で中古車市場で売ることができなくなるので、中古車市場では大幅値引きよりもさらに安い金額で取引されることになるのです。
そもそも一部の例外を除いて新車よりも中古車の方が高いなんてことはあり得ないからです。

また、もう一つの理由として新古車の問題があります。
新古車とは新車を所有者が居ない状態(車検証上では販売店が所有者になるわけですが)で登録を行い、一度も人の手が触れられないまま中古車として売られることがあります。

一旦登録された新車は使用していなくても、距離を走っていなくても、中古車として扱われます。
ですので一旦登録された新車を中古車として売る場合でも新車と同じ価格にするわけには行かずに新車価格より大幅に価格を下げて売るほかありません。

そうするとそれまでものすごく価値のあるものだと思われていた、高級輸入車のワンオーナーで1万キロ未満といった中古車も新古車と比べると品質が落ちることになるので、新古車の販売価格より高くすることができなくなってしまうのです。

このようにして悪循環と言ってもいいような連鎖によって高級輸入車の買い取り価格や下取り価格が下がってしまうのです。

■高級輸入車の値下がり率が高いことを逆手にとってみる

このように高級輸入車と言われる車には大きな苦悩があります。
それは価格が高いために、国産車ほど多くの台数を売ることができないことです。

もちろん、逆にポルシェやフェラーリのように中古車になっても値段があまり下がらない車もあります。
しかしそれはポルシェやフェラーリがその価値を維持するために値引きをしなかったり、希少性を保つためにあえて沢山作らなかったり(欲しくても買えない状態を作る)するからなのです。

それに対して、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲンといった大量生産中心のメーカーは大量に自動車を生産してそれを売らなければなりません。

車を大量に販売するビジネスモデルになっているので先ほど説明したような中古車市場に沢山の車が供給され、しかも値引きや新古車登録によって価格を上げられない状態になっているのです。

例えば、BMWの3シリーズセダンに340iというグレードがあります。
この340iは、3シリーズセダンのフラッグシップで、唯一直列6気筒エンジンを搭載しています。

340iは新車で購入すると車両価格だけで800万円以上、登録費用を加えると900万円近い出費が必用となってしまします。

しかし、この車の中古車市場での価格を調べてみると、登録1年で走行距離1万キロ未満のまだ新車と言って良いようなコンディションなのに500万円台で購入することができるのです。

この新車価格と中古車価格の差が大きいという傾向を持つメーカーは、値段が高いグレードほどそれが顕著になる傾向にあります。

逆に中古車になってもあまり値段が下がらないのは、たとえば、ジャガーXEという車の上級グレードであるXE Sは先ほどの340iと同様にV6エンジンを搭載して800万円という新車価格です。
このXE Sの中古車価格は700万円とそれほど下がっていないのは、XE S自体が中古車市場にあまり流通していないからです。

■気になる車があったらまず中古車を検索してみよう

先ほど説明したBMW3シリーズとは逆に同じBMWでも新車と中古車の価格差が小さい車もあります。

それは、X1やX3といったSUV(BMWではSAVと言っています)です。
SUVは人気のカテゴリーなので、中古車市場でも人気があり、価格が下がりにくいという特徴があります。

このように、自動車メーカーの分類だけでなく、その車がどんな車のカテゴリにはいっているかによって中古車市場での価値が異なります。

新車を買うのが良いのか中古車を買うべきか、はたまた新車を購入したあとの買い取り価格はどうなるかについては、その車の中古車価格をみればある程度予測することができます。

車の購入を検討する時には、買おうとしている車が中古車市場でいくらで売られているかを調べてみることをおすすめします。
もしかすると、新車同様の中古車を安く購入することができるかもしれないのですから。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識