クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

新しい車の所有方法「リース」のメリット、デメリット

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

最近、テレビCMや街の広告などで「毎月1万円ポッキリで車を所有しませんか」というキャッチコピーをみたことはないでしょうか。

このような広告は、個人向けのカーリース契約の販売促進するための広告なのですが、そもそも車をリースするとはどういうことでしょうか。

「リース」で車を所有するにしても「ローン」で車を所有するにしても、毎月幾らかのお金を支払うと言う点では同じです。

「リース」で車を所有するとはどう言うことなのか、どんなメリットやデメリットがあるのか説明します。

■「リース」契約と「ローン」契約の違い

そもそも、「リース」と「ローン」では契約の内容が異なります。

「リース」契約では、車の所有者は車をリースしている会社です。
車を「リース」で所有する人は代金を支払って車を「使用する」権利を得るということが、「リース」契約の本質です。

リース契約は「3年、5年、7年、9年」など、数年単位から選択することができます。
リース終了後は、車を返却するか、新しい車に乗り換えるか、車の残存価値を支払って自己所有にするかの3つの選択肢が用意されています。

「ローン」契約は、自動車の所有者は契約者で、自動車の代金を分割で支払って行くということになります。

ローン会社は、自動車の代金を建て替えているため、ローン契約者の支払いが滞った場合に直ちに車を差し押さえるために、ローン契約でも車検証上の所有者はローン会社となっていることもあります。

しかし、最終的にローンを全て支払い終わると、その車は晴れてユーザーのものになります。

■「リース」契約のメリットとは

「リース」契約は、元々は企業(法人)向けの契約から始まったものです。
企業が自動車を購入するとき、購入した費用を一括で経費として申請して税金から控除してもらうことができません。
車の購入で税金の控除を受けるためには、数年にわたって会計処理が必要なのです。

しかし、リース契約にすることにより、リースにかかる毎月の費用をそのまま全額経費として申請することができるという点が企業にとっては大きなメリットとなっています。

では、個人向けのリース契約にはメリットはないのでしょうか、そんなことはありません。

リース契約の場合、自動車の所有者はリースを行う会社ということになりますので、毎年の自動車税や、自動車の点検、車検費用、自賠責保険料は毎月のリース費用に含まれます。(自動車保険の任意保険が込みになっている場合と、なっていない場合があるので、リース会社の契約をよく確認しましょう)

そのため、毎年の自動車税の支払いや、点検・車検による臨時の出費を抑えることができ、支出をフラットにすることができるのが個人リース契約のメリットなのです。

最近では、中古車販売業者と協業して毎月一定金額を支払えば、定期的に新しい車に乗り換えることができるサービスなども始まっていますが、これもリース契約の一種といえます。

■リース契約のデメリットとは

リース契約のデメリットには次のようなものがあります。

まず、リースしている車のカスタマイズができないことです。
リース契約は契約終了後には現状復帰して返却する必要があります。
アルミホイールの変更ですら元に戻さなければ、違約金を追加で支払わないといけなくなる可能性があります。

また、過走行やあまりにもひどいキズやヘコミなどの損傷が車にある場合にも、リース終了時に価値の毀損分を追加で支払う契約になっています。

これはリース契約時にリース会社がその車の数年後の価値をあらかじめ設定しているためで、この価格よりも低くなるような車の改造や損傷に関しては、利用者が負担しなければならない契約となっているためです。

次に、リース期間中の解約は基本できないことです。
自動車をローンで購入する場合には、ローンの途中でもローンを清算すれば車を乗り換えることは大きな問題ではありません。

しかし、リースの場合には、車を乗り換えたいからと言ってリース契約の終了まで待たずに契約を解除した場合、違約金を取られる場合があるので注意が必要です。

もちろん、契約によってはリース契約開始後、数年経てば乗り換えが可能な契約や、その時点で車を買い取れば違約金を支払わないで済むということもありますので、契約時には条件の確認が必要です。

■リース契約と残価設定ローンって似てない?

ここまで説明して、読者のみなさんに疑問が湧いていないでしょうか。

きっと、「リース契約と残価設定ローンって似てない?」と思われていることでしょう。

リースも残価設定ローンも、数年後の車の価値を設定して、その分を差し引いた代金を払って行くという点で同じです。

そして、最後に車を手放すか、乗り換えるか、残価を支払って自分のものにするか選択できるところも同じです。

違う点といえば、リースは自動車税や点検、車検費用が月々の支払いに含まれているというところです。

そして、残価の設定ついては「残価設定ローン」よりも「リース」契約の方が低く設定されているということも多いようです。

つまり、お得だと思っていたリース契約よりも、実は残価設定ローンの方が最終的な支払額が低かったということも十分あり得るということです。

■リースに本当にメリット見いだせるかがポイント

このように、個人にとってのリース契約は法人ほど大きなメリットはなく、残価設定ローンなどをうまく活用すれば、ローンの方が支払額を少なく済ませることもできるでしょう。

逆にリース契約の方が利用者に規制を加えて縛るような契約にすら思えます。

つまり、リース契約は面倒なことを一切リース会社に任せることができるので楽だとみえますが、本当にローンよりも圧倒的にメリットがあるかどうかはよく考えて契約しないと、後悔することになってしまうということです。

後悔しても契約後には、取り返しがつきません。
契約前に本当にリースかローンかどちらにメリットがあるかよく考えることをオススメします。

■こちらの記事もあわせてどうぞ!■

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識