クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

オイル添加剤の投入はちょっと待って!元プロメカニックが教える「オイル添加剤の真実と特性」

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

あなたはオイル添加剤についてどんな理解をしていますか?
通常に販売されているオイルを、より高性能にするための魔法のアイテムのように考えていませんか。

エンジンオイルを交換する際に、オイル添加剤を追加投入するべきかどうかと悩むこともあるでしょう。
そこで、今回はオイル添加剤の真実についてメカニック的見地からあなたにお伝えしたいと思います。

あなたの自動車のオイルメンテナンスの質をワンランクアップしてみましょう。

1.オイル添加剤って?

追加用のオイル添加剤がよく販売されています。
多くのユーザーが、オイル交換時に添加剤を追加することから種類も数多く出ています。

オイル添加剤を入れたら自動車の調子が良くなったと感じて、できるだけ高頻度でオイル添加剤を追加しながらオイル交換を繰り返すユーザーがいるほどです。

しかし、エンジンオイルというものは「ベースオイル」に対して、数多くのオイル添加剤を混ぜ合わせて作られているのです。
つまり、わざわざオイル添加剤を追加しなくても問題がないということなのです。

では、なぜオイル添加剤を追加投入するのでしょうか。

ほとんどの場合、オイル添加剤という商品名自体が、エンジンにとって良い影響を与えるものと印象付けるからです。

オイル添加剤を追加投入したからスムーズにエンジンが動く。
燃費が良くなった。

確かに効果はありますが、それはエンジン自体に劣化が出てきているからであって、まだエンジンの各所に劣化が出ていないような自動車にとっては、むしろ抵抗になりかねないアイテムなのです。

ベースオイルというのは、基本的に粘度が少ないサラサラとしたものになります。
このままでは、エンジンオイルに求められる充分な「潤滑性能」も「清浄性能」も「冷却性能」すらも望めません。

そこで威力を発揮してくれるのが「オイル添加剤」なのです。

2.オイル添加剤の種類

かなり専門的な成分説明となるため、オイル添加剤というものをより詳しく理解したい場合のみ理解しておきましょう。

油性剤

エンジン始動時などの潤滑性能を維持するための油膜を保持する効果があります。
成分は「長鎖脂肪酸」などです。

耐摩耗剤

各種ベアリングなどの軸受け部や、シリンダーなどの摺動部の保護膜を形成しておくために必要なもの。
「リン酸エステル」「金属ジチオホスフェート塩」などを化合しています。

極圧剤

確実な潤滑性能を維持するために必要。
これが入っていないエンジンオイルでは、各部位が焼き付きます。
「有機いおう化合物」「有機ハロゲン化合物」「有機モリブデン化合物」が主な化合物です。

サビ止め剤

エンジンは金属で作られているため、熱の上昇下降による金属疲労から発生するサビの生成を防止するために必要。
「カルボン酸】」「アルコール」「エステル」などを化合します。

腐食防止剤

エンジンオイル自体の劣化腐食を抑止するために必要な防腐剤。
「窒素化合物」「いおう化合物」などを化合します。

泡消し剤

エンジンオイルが泡立つと、潤滑性能にムラが発生するため、その抑制に必要。
「シリコーン油」「金属石鹸」「エステル」などを化合します。

清浄分散剤

エンジン内部で発生したカーボンを洗い落とし、オイルパンに沈殿して固まらないようにカーボンを分散させるために必要。
「中性、塩基性のスルホネート」「ホスホネート」などを化合します。

流動点降下剤

気温の変化によるオイルの凝固を防止するために必要。
「塩素化パラフィンなどの縮合物」「ポリ酢酸ビニル」などを化合します。

粘度指数向上剤

確実な粘度の維持をするために必要。
「ポリメタクリレート」「オレフィン共重合体」「ポリアルキルスチレン」などを化合します。

酸化乳化防止剤

エンジンオイルの劣化、熱変化による乳化を防止抑制するために必要。
【フェノール類】【石鹸】【ポリオキシエチレン系の活性剤】などを化合します。

かび防止剤

エンジンオイルは有機物なため、かびの温床となります。
潤滑性能、清浄性能に著しい劣化を及ぼすため必要となります。
「フェノール系化合物」「サリチルアニリド系化合物」などを化合します。

これらの成分を知っておくと、市販されているオイル添加剤の成分欄を見てどのような作用を推しているのかが理解できるようになります。

3.オイル添加剤って必要?

オイル添加剤が必要かどうか、結果から申し上げますと、
「必ずしも必要なものではありませんが、場合によってはとてつもなく必要なもの」
になります。

一番オススメなオイル添加剤の使用タイミングは最初のオイルフィルターの交換時です。
このタイミングで最初のオイル添加剤追加によるエンジンのトリートメントをしておけば、エンジンの性能の低下を抑止することができます。

また、中古自動車を購入したときにも有効です。
前オーナーが、どのような乗り方をしてきたかが分からないため、まず最初にエンジンをトリートメントしておくことで安心を手に入れることができます。

4.まとめ オイル添加剤の魔力

市販のオイル添加剤を使用するということは、自動車を大切にすることに直結しますが、その使用方法を誤ると逆に自動車を傷める原因にもなる諸刃の剣です。

オイル添加剤によるエンジンの好調は、使い始めだけに現れるわけではありません。

髪の毛のトリートメントと同じように、毎日繰り返してしまうと元が弱くなってしまいます

浸透して全体に広がった時に最大の効果を発揮することができるのです。

オイル交換をすれば100%入れ替えができるわけではありません。
各所に必ず残るオイルがあります。
そこに含まれるオイル添加剤が、高い潤滑作用と清浄作用を発揮してくれているのです。

新たにオイル添加剤を追加しようと考えるのであれば、できる限りオイルを抜き去ることができるオイルフィルター交換時を目安にすることをオススメ致します。

オイル添加剤の持つ特性を100%発揮させるためには、できる限り綺麗な状態のエンジンを維持することから始まります。

しかし、オイル添加剤とはいわば「不純物の塊」です。
ピュアオイルを潤滑させる方がエンジンを綺麗な状態で保つ力は高いです。

ではなぜオイル添加剤を使用するとエンジンの調子が良くなるのでしょう。

これは、エンジンに対する一種のドーピング効果です。
より粘度の高い、より清浄性能の高い、より潤滑性能の高いオイル添加剤が、エンジンを無理矢理好調な状態に引き上げてくれるのです。

無理矢理という言葉の通り、オイル添加剤の追加を繰り返していればあらゆる部分に無理がかかってきます。

ここを理解していれば、オイル添加剤を使用するタイミングにも気をつける必要があると分かるはずです。

オイル添加剤には確かな魔力があります。
しかし、その裏にある危険性もしっかりと理解しておきましょう。

■オイルメンテナンスに記事もあわせてどうぞ!■

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識