クルマ買取のノウハウ

あなた好みの1台がきっと見つかる「クルマカタログ」

プリウス(TOYOTA)

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

プリウスの歴史とカタログスペック、販売台数データ

新車価格帯 243~310万円 おすすめグレード S“ツーリングセレクション”
JC08モード燃費 40.8km/L エコカー減税 免税対象
排気量 1,797cc 車両重量 1370kg
最高出力 72kW(98PS) 最大トルク 142N・m(14.5kgf・m)
月間販売台数 リセールバリュー

プリウスは、トヨタが製造・販売しているハイブリッド車です。

「人と地球にとって快適であること」をコンセプトに掲げ開発され、1995年11月の東京モーターショーに参考出品車として展示されました。

この頃はまだプロトタイプでしたが、低燃費走行の目的ため、世界初であるパワートレーンシステムを採用し、同クラス車の2倍の燃費の実現を目標に開発されました。

  • 1997年12月に正式発表が行われ、世界初となる量産ハイブリッド自動車が誕生しました。そして同日、販売を開始。
  • 2003年には2代目へとフルモデルチェンジが行われ、主な変更点として、ボディの形状が4ドアセダンから、5ドアハッチバックへと変更され、日本国外市場を考慮しやや大型化されました。
  • 2007年にはプリウス生誕10周年を記念し、特別装備の「S 10th Anniversary edition」を発売。
  • 2009年に、3代目へと引き継ぎ、新グレードである「EX」が発売されました。
  • 2011年には、派生車種であるプリウスαとアクアが発売。特にアクアはプリウスに劣らぬほどの人気車種に。
  • 2014年12月には「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革により4代目としてフルモデルチェンジが行われ、スタイリングに賛否を集めな がらも発売されました。
    歴代より優れた環境性能にさらなる磨きをかけ、「E」グレードにおいて世界トップレベルの40.8㎞/Lを実現しています。

ついに燃費が40.8km/Lを超えたプリウス。世界初の量産ハイブリッド車の名に恥じぬ進化と販売台数で、世界のハイブリッド市場を引っ張る抜群の存在感を示しています。

クルマの特徴

「電動ウォーターポンプ」や、「クールドEGR」、「排気熱回収システム」などのトヨタの優れた技術がつまった、1.8Lエンジン(2ZR-FXR)が搭載されています。

4代目となる現行型はTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を採用した第1号であり、「クールドEGR」、「排気熱回収システム」などのトヨタの優れた技術がつまった、1.8Lエンジン(2ZR-FXE)が搭載されています。

用途に合わせた走行モードが3種類準備されており、

・パワーのいる走行をしたい場合には「パワーモード」、

・燃費重視にし、エアコンなどを省エネ化にし燃費を向上させる「エコドライブモード」、

・エンジンを使用せず、モーターのみで走行する「EVドライブモード」

の3種類がボタンひとつで選択できるようになっています。

また排出ガスをクリーンにすることで、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を国土交通省より取得しています。

さらに、EVドライブモードにすることで、エンジンを使用しないので、排出ガス0のドライブをすることも可能です。

安全性能においては、とっさのブレーキでのタイヤロックを防ぎ、車両の走行状況に応じ、適切な制動力を4輪に配分する、EBD付ABS&ブレーキアシストが搭載されています。
また、ねらったところに思い通りに止まることできる回生ブレーキ/ECB(電子制御ブレーキシステム)や後続車に瞬時に注意を促す緊急ブレーキシグナルを搭載され安全性を高められているのです。

そのほかにも、急なハンドル操作や横滑り時でも車両を安定させるS-VSCや、車線変更時の後方アシストのブラインドスポットモニター(BSM)、車車間通信システムの通信利用型レーダークルーズコントロール、路車間通信システムの右折時注意喚起や信号情報利用型エコアクセルガイド、坂道でもスムーズにスタートすることが出来る、ヒルスタートアシストコントロールにシフト操作時の急発進、急加速を抑制し、被害を軽減するドライブスタートコントロールなどが搭載されているので、安全にドライブを楽しむことが出来ます。

新たに駐車時などにおける、衝突回避被害を軽減するインテリジェントクリアランスソナー(巻き込み警報機付)やスイッチを押すだけで、誰でもキレイに駐車が可能なシンプルインテリジェントパーキングアシスト、歩行者や自転車に接近をお知らせする車両接近通報装置、後方からの眩しさを緩和する自動防眩インナーミラーなどの安全に運転できる装置が装備されているのです。

車体も改良が加えられ、優れた衝突安全ボディの全方位コンパティビリティボディを採用し、歩行者の安全にも配慮した歩行者傷害軽減ボディとなっています。

「前の車よりかなり燃費が上がった」「燃料を入れる回数が減った」など、燃費に関しての評価に加え、驚異的な静粛性も人気の理由のひとつのようです。

毎月安定して売れており、販売台数ランキングでも常に上位をキープしている事から、ハイブリッド車としての評価が高いことがうかがえます。

燃費性能

EグレードでJC08モード走行燃費が40.8km/Lとなっており、ライバルを圧倒的に凌駕する低燃費を実現しています。

新開発のハイブリッドシステムや、空力性能の向上により、「低燃費といえばプリウス」の面目躍如といったところ。

走行状況に合わせ、最適なモーターとエンジンの効率が決定され、それほどスピードが出ていないときにはモーターで走行し、加速する場合はエンジンとモーターの両方で走行。減速時にはモーターが駆動し、バッテリーに充電します。

トヨタプリウスを値引き以上に安く購入する方法はこちら

■こちらの記事も合わせてどうぞ!!■

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!