クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

【前編】日産残価設定プランの上手な使い方とは?現金購入とどちらがお得か徹底検証

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

残価設定プランはディーラーが得するためのもので、消費者は損をするものだというイメージを持たれている人が多いですが、必ずしもそうではありません。

そのようなイメージは残価設定プランのルールが分かりづらいということと、通常のローンよりも利息を多くとられるという情報だけが一人歩きしてしまっていることが原因です。

残価設定プランは残価を残しながら支払いをする仕組み上、通常のローンよりも利息が多くなりやすいのは確かです。
しかし、残価設定プランを上手く利用することでそういったデメリットを上回るメリットを得ることも可能です。

今回は元日産の営業マンが日産の残価設定プランをお得に利用するための方法を前・後編に渡ってお伝えします。

前編では日産の残価設定プランをお得に利用できる意外な方法や、残価設定プランの隠れたメリットを解説していきます。

■残価設定プランの上手な使い方の秘訣は「頭金」?

残価設定プランは「頭金やボーナスを準備できなくても、月々の支払いを安くできる」という内容をキャッチフレーズに、どのメーカーでも積極的に推奨しているプランです。
そのため、お金に余裕がない人が利用するものだというイメージがあるかもしれませんが、実は充分な資金を持っている人こそ残価設定プランに向いています。

充分な頭金を用意できれば残価設定プランの一番のデメリットである利息を減らしながら残価設定プランのメリットを受けることができるからです。
利息というものは借入残高に対して金利をかけたものなので、頭金を多めに入れれば入れるだけ、トータルの利息を減らすことができます。

■「頭金」+「特別低金利キャンペーン」が賢い使い方!

残価設定プランでは、車種によって特別に低金利でローンを組めるキャンペーンをしていることがあります。

例えば日産の残価設定プランでは通常であれば4.9%の金利ですが、特別低金利キャンペーン対象の車種であれば、1.9%の金利でローンを組むことができます。
金利が低くなれば、それだけトータルの利息を減らすことができるので、このキャンペーンを利用しない手はありません。
時期によってキャンペーンの対象になっている車種や内容が変わってくることがあるので、検討している車種がキャンペーンを行っているかどうかは必ずチェックしておきましょう。
この特別低金利キャンペーンを利用しながら、充分な頭金を準備することで、利息というデメリットをほとんどなくすことができます。

例えば300万円の車を残価設定プランで5年のローンを組むとします。
この車の残価が車体価格の40%の120万円だったとします。
このときに150万の頭金を準備して1.9%特別低金利のキャンペーンを利用するとどうなるでしょうか?
この条件で購入すると、ボーナス払いを使わない均等払いでも月々の支払は6000円程度です。
そして利息はトータルで12~13万円ほどです。

残価設定プランだけのメリットとして車を返却したときの修理保証があります。
これはプラン満期に車を返却した場合に、内・外装の損傷が規定内であれば修理費用をメーカーが負担してくれるというものです。
日産の場合であれば最低でも10万円の修理保証が設けられています。

残価設定プランで車を返却する場合は残価で車を買い取ってもらうようなものなので、修理費用を10万円保証してくれるということは、実質的に査定価格を10万円上げることに近いです。
つまり上の条件で残価設定プランを組んだ場合の利息の12~13万円は、修理保証の10万円があることで、例えば現金で一括で購入した場合と比較しても2~3万円の差ということになります。

■残価設定プランの隠れたメリット!3~5年で乗り換えることでお得になることも?

先ほど、頭金と特別低金利のキャンペーンを利用すれば、現金購入した場合と比べてもほとんど差がないとお伝えしましたが、これはプラン満期に車を返却したケースです。
つまり5年で車を乗り換えなければいけません。
残価設定プランは車を返却することで残価を支払わなくても済むという仕組みなので、その場合3~5年という早い周期で車を乗り換えることになります。

残価設定プランのイメージがあまり良くない要因の1つとして、短い周期で車を買い替えることを推奨しているプランだからということもあります。
多くの人が、車は長く乗り続けた方がお得だと考えていますが、実は3~5年周期で乗り換えることでお得になる部分というのも存在します。

3~5年で車を乗り換えることのメリットは維持費が安くなるということです。
車検は5年で乗り換えれば初回車検を受けるだけで済みます。
例えば5年で乗り換え続けていれば、車検は毎回1度受けるだけで済むということです。

他にもタイヤのような消耗品の交換による出費も抑えられます。
初回車検ではほとんど交換部品がなかったとしても、2度目の車検から交換部品が出てきたという経験をしたことがある人は多いと思います。
つまり5年で乗り換えるということは、そういった諸々の消耗品の交換もしないで済むので、そういった面でもお得です。

こういった車検代やメンテナンスにかかる費用は年数が経てば経つほど増えていきます。
短いスパンで車を乗り換えることで、そういった費用を抑えられるだけでなく、突然の故障などのトラブルに遭うリスクも減らすことができます。

■新しい車に乗り換えることで、燃費代の節約に?

他にも新しい車に乗り換えることの隠れたメリットとして燃費の向上があります。
燃費の向上はどこのメーカーも力を入れているので、古い型の車に乗っている人が最新の車種に乗り換えると燃費が倍近く向上していることも十分にあり得ます。

燃費が倍になれば単純に計算しても月のガソリン代が半分です。
5年間で燃費が倍になることは難しいかもしれませんが、最近では革新的な技術が導入されることで同じ車種でもフルモデルチェンジでリッターあたり5km程度の向上は充分にあり得ます。

燃費が5km向上すれば月々ガソリン代が1万円ほどかかっていた人は新しい車に乗り換えることで月々のガソリン代が少なくとも数千円安くなると考えても良いでしょう。
例えば現在12km/Lの燃費の車に乗っている人が月1000キロ乗っている場合、レギュラーガソリンが120円/Lだと、月々のガソリン代がちょうど1万円です。そこから17km/Lの燃費の新車に乗り換えた場合、同じ距離を走っても月々のガソリン代が7058円です。
つまり月々およそ3000円の節約になります。

■長く乗り続けるのと短いスパンで乗り換えるのでは結局どっちがお得?

この前編では、残価設定プランの上手な使い方として、頭金と特別低金利キャンペーンを利用するという方法をご紹介しました。
また3~5年という短いスパンで乗り換えることにも、実はメリットがあるのだということも分かっていただけたと思います。

後半では、今回ご紹介した方法で残価設定プランを利用した場合、どれぐらいお得なのかを現金で一括購入した場合と比較しながら、徹底検証していきたいと思います。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識