クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

事故車は意外に高値で売れる?元プロ査定士が教えるここだけの話

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

自動車に乗っていれば、誰にでもその可能性が隣に潜んでいるのが「事故」です。

一番良いのは事故を起こさないことですが、どんな人も絶対事故を起こさない保証はありません。

今回は、いざ事故を起こしてしまった後の自動車の対処の選択肢について、元プロ査定士として自動車とそのオーナーに対して提案してきた方法の一部をコッソリとご紹介したいと思います。

1.事故を起こしてしまった自動車

事故。

それは、自動車の価値を一瞬にして大幅に下げてしまう悲しい言葉。
また、乗車していた人間や相手の命を危険へと誘う恐ろしいものです。

あなた自身がどれだけ注意して走行していても、周りには色々な自動車がいて、もらい事故に遭う危険性もあります。

そして事故に遭いました。

どんな事故であっても、あなたに起きた事故です。

事故の度合いによって、自動車の破損の状況は変わります。
ほんの少しキズがついた程度から廃車となるほどの幅があります。

あなたはその自動車をどう対処できるでしょう。

・修理して乗り続ける。
・売却して次の自動車へと乗り継ぐ。
・廃車する。

選択肢としてはこのような方法が挙げられます。

多くの方は、修理して乗り続ける方法を取ります。
ちょっとしたキズ程度のものであればそのまま乗り続けてしまうかもしれませんが、明らかに事故を起こしましたというほどの破損状況であれば、修理するか廃車にするかという選択で悩むオーナーが多いです。

もし、私が今そんな自動車に対しての相談をされたなら、オーナーに売却意思があれば【修理して売却】という方法をオススメするでしょう。

売却するのにわざわざ修理?

そう感じてしまうのも分かります。
なぜそんな無駄になりそうなことを言うのか、次の項で少しご説明しましょう。

2.事故車に対する査定士の目

自動車査定士にとって、事故車というのはとてもありがたい査定対象です。

なぜなら、自動車査定士は事故車に対して思い切りマイナス評価を下すことで店舗利益を確保することができ、その後破損部を修理して販売するか、解体してパーツ販売で確実に利益を生むことができるからです。

事故車をそのまま売却してくれたなら、査定価額は二足三文です。

本来50万円の提示をしなければならないような自動車でも、数万円での買い取りを強気に押し進ませることができます。
下手をすれば処分費用を逆に要求するなんてこともないとは言えません。
実際そんな場面もありました。

なぜそんなことができるのか。

それは、一般ユーザーが自動車査定について何の知識もないからです。

自動車査定価額の算定基準なんて、新聞を読んでも辞書を見ても載っていません。
そのため、事故車に対しては法規に従って確実な査定をしない自動車査定士というのも存在するのです。

たとえば、外装などはとても綺麗なのに、縁石に乗り上げ腹下を擦ってしまった自動車は、査定価額としてその時点でマイナスです。
処分費用をよこせというレベルです。

しかし、本当に処分するのかといえば、ほとんどは修理して販売します。

店側からすれば、修理に必要な経費をあなたから巻き上げ、タダで商品を手に入れることができ、あなたは新たな自動車を買い求めてくれる。
全くもって得しかないのが事故車なのです。

さらには、修理した自動車も販売してしまえば支出ゼロで利益を生み出せる最高の物流です。

こんなことにならないように、私は事故車オーナーに修理をオススメするのです。

何も100%の修理を要求するわけではありません。
自動車を売却した上で、オーナーにちゃんと現金が手元に残すことができるレベルの修理です。

先ほどの縁石に乗り上げた自動車も、そのままではゼロ査定かもしれませんが、下回りをシャーシブラックで塗り直しておくだけでちゃんと正規の査定価額を提示させることができます。

バンパーが外れてしまうほどの事故車でも、中古のバンパーと交換することでその事故を無かったものにする程度の修理なら、その後査定価額で還元させることができます。

明らかにどうにもならないほどの事故車であれば、パーツを売却して残りは解体業者に頼むようにオススメするでしょう。

パーツ売却する時間がないなら、そのまま解体業者でも構わないでしょう。

どんなに酷い事故車であっても、何かしらの再利用できるものが残っています。
自動車査定士は、最終的にボルト1本でも店舗利益につながるように自動車を見ています。

3.事故車は売却できる

事故車をそのまま売却しようと考えたとき、どれだけの査定価額を提示するかは受け持った自動車査定士のさじ加減で決まります

どんな事故車でも買い取り可能なのかと聞かれたら、その答えはNOです。

しかし、前半分が壊れてしまっている自動車であっても、正直なところ需要はあるのです。

通常、店舗が自動車を買い取ることに二の足を踏まない状態というのは、とりあえず走行して店舗まで査定に訪れることができる状態です。
車検切れで走行するわけにいかない自動車も問題ありません。

しかし、現実に走行するだけの機能を失ってしまった自動車は、その時点で自動車として査定することはありません。
たくさんのパーツの塊として、使えそうなものに対して価額を充てがうだけになります。

では、どうすれば事故車を少しでも高い価額で売却することができるでしょうか。

これにつながるのが【修理して売却】になるのです。
次の項でこれについて少し掘り下げてみましょう。

4.事故車をより高く売却する方法

「事故車を修理して売却する」という究極に無駄なことをオススメするだなんて話にならない?

そんな風に怒らないでください。
上でも少し触れましたが、最低限の修理で良いのです。

前半分が壊れてしまった自動車を少しでも高く売却したいなら、部品に分けて中古パーツ買い取り業者に持ち込むしかありません。

しかし、破損範囲がそれほど広くなく度合いも比較的軽傷で済んでいる場合、軽い修理やパーツの交換をしておくことで査定価額をアップさせることができるのです。

5.まとめ 事故車だからと諦めないで

事故車だからといって、買い取り不可だなんて諦める必要は全くありません。

ここまで事故車の対処方法を軽くご説明してきましたが、ほんの少しの手間を掛けるだけで、自動車査定価額というのは大きく変動するのです。

たとえ廃車寸前の大破をしている自動車であっても、何も手元に残らないなんてことはあり得ないのです。

あなたが事故車の対処に困ったとき、こんな記事を読んだことを思い出してみてください。
必ず何かしらの方法が見つかるはずです。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識