クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

【元プロメカニックが試乗!】ホンダ「フィットハイブリッド」インプレッション

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

今回はフィットハイブリッドに試乗させていただきました。

ホンダの高回転コンパクトカーであるフィット。
その中でも、燃費改善に大きく貢献したフィットハイブリッドは、2017年6月29日に大規模なマイナーチェンジを行いました。

内外装デザインを一新しましたが、外装デザインの変更はかなりボリュームアップされているという印象が強いです。

では、今回のマイナーチェンジで4代目となるフィットハイブリッドをプロメカニック視点で見ていきたいと思います。

なお今回、以下の一連のインプレッション記事ではそれぞれのエコカーに私なりの点数付けを行っていますが、このフィットハイブリッドについては後述のように高回転エンジンで回してこそ良さが感じられるモデルであり、「エコ」という視点からはずれてくるため、点数付けは行っておりません。

話がそれましたが、それではホンダ フィットハイブリッドについて見ていきましょう。

1.パッケージによる外観の違い

今回のマイナーチェンジを経て、フィットハイブリッドは小さなオデッセイのような外観になりました。
可愛らしさのあった大きなヘッドライトが、切れ長でシャープなものへと変更されています。

標準ハイブリッドをはじめ、他にF、L、Sと4パッケージがラインナップされていますが、標準、F、Lパッケージはかなりシンプルな角のとれている落ち着いたものとなっています。

Sパッケージだけは、大人っぽい攻撃的な配色デザインをされていて、統一ボディーカラーではなく黒とシルバーメッキを取り入れることでキリッと引き締まったものになっています。

同様にホイールにも差があります。

Sパッケージのみ16インチアルミホイールが標準のところ、他3パッケージは15インチスチールホイールが標準と残念な設定をされています。

L Sパッケージには、LEDヘッドライト LEDフォグランプが標準設定となっていますので、夜間の視認性はこの2パッケージが優位です。

標準ハイブリッド以外のパッケージに、LEDドアミラーウィンカーが標準設定されているのはポイント高いです。

さらに、これまでフィットRSにしか用意されていなかったサンセットオレンジのボディーカラーが、Sパッケージであればガソリン車でもハイブリッドでも選択できるというのが今回のマイナーチェンジのオイシイポイントです。

フィットに乗っていてオレンジボディーというのは、運転者にとって1つのステータスとなります。

2.グレードによる内装の違い

基本的には全パッケージ共通で、シックなブラックファブリックシートが設定されています。
Lパッケージにはブラックコンビシートと専用インテリアが用意されているのと、Sパッケージにはスポーティシート インテリアが用意されています。

また、Lパッケージはプレミアムブラウンインテリアもオプション設定可能となっているので、周りとは違う雰囲気のフィットハイブリッドを演出することができます。

このサイズの自動車ですと、リアヒーターダクトがないものが多いのですが、標準ハイブリッド以外のパッケージであれば搭載されているというのは嬉しいポイントです。

パーキングブレーキがペダル式ではなくレバー式を採用しているというのも、マニュアル設定のある自動車らしさを感じられます。

残念なのは、メーター右側に表示されるマルチインフォメーションディスプレイの見づらさです。
ハンドルポジションを上げると運転しづらく、シートポジションを下げると前が見づらいというポイントはマイナス評価です。
ステアリングサイズの変更や、スポークを細くするなどできると良いのですが、ステアリングスイッチがそれを妨げています。
いっそのこと別モニターが欲しいと私は感じました。

標準ハイブリッドのフロントガラスにはUVカットのみで遮熱が施されていないため、快適性が気になる方にはオススメできません。
また、アレルゲンや病原菌が気になる方もプラズマクラスター非搭載なのでNGです。
助手席バニティミラーもありません。
ルームランプもセンターにあるだけなので、手元の明かりが欲しい場合は酷しいでしょう。
素直に他3パッケージを選択すべきです。

3.グレードによる走りの特徴

今回は標準ハイブリッドとSパッケージを乗り比べてみました。
通常の走行性能としては、F、Lパッケージは標準ハイブリッドに近い印象を持ちましたので割愛いたします。

フィットハイブリッドの走りは、実際問題乗り手次第です。
なぜなら、エンジンが回ってしまう 回すことで楽しさが生まれてしまうというホンダ車の特性が全面的に現れているからです。

燃費を気にして運転した場合、どのパッケージであったとしても面白みのかけらもありませんでした。
強いていうのであれば、標準ハイブリッドの走り出しは最高といったところでしょう。
Sパッケージに比べ90kgも軽い車重は、初動の鋭さに強く影響していました。
同様に、ブレーキ性能もこの車重の差がよく分かります。
圧倒的に標準ハイブリッドの快適性を感じられました。

しかし、どこまでいってもオートマチック車です。
コンピューター制御されたシフトタイミングでは物足りなさを覚えます。

Sパッケージのパドルシフトは、高回転エンジンをより面白いフィーリングで運転することができる良き友になっています。
1,500ccのエンジンではパワー感が足りないと感じてしまいましたが、60km/hまでの市街地走行ではモーターとの力が合わさりトルクフルな走りを楽しめました。

燃費性能は、基本データ上では37.2km/Lを標準ハイブリッドが提示されています。
Sパッケージは31.8km/Lとかなり差がありますが、90kgの重量差があれば当然と感じていました。

しかし、重量差だけではないと私は確信しました。

このエンジン、踏んでしまう。

ハイブリッド自動車でありながら、アクセルを踏ませようとエンジンが気持ちよく回ってくるのです。
ホイールベースも車高も視界の広さも、運転するのが楽しくなる味付けになっていると感じました。

旋回時の横Gは、サスペンションが柔らかく設定されていることもあり少し振られます。
特に、SパッケージのFF駆動車は他のものより左右ともに3mmずつホイールがインセットされていることもあり、踏ん張りが効かない感覚を覚えました。
同時に、アンダーステア特性が若干改善されているようにも感じました。
決してスポーツ走行を目的とした自動車ではないファミリーカーなので、アンダーステア改善よりも安定した走行性能を優先させるためにも、今回のインセットホイールは不要だったのではないかと感じました。
(フィットRSであれば話は別です。)

4.まとめ フィットハイブリッドは面白かった

今回フィットハイブリッドを試乗してみた正直な感想です。

ハイブリッド自動車のくせに面白い。

これまで、私自身もハイブリッド自動車に乗ってきた経験の中で、エンジンフィールに駆られてアクセルを踏み込みたくなったのは、今回のフィットハイブリッドが初めてでした。

決してホンダ党ではないのですが、ここ数年のホンダ車には目を見張るものがあります。

良くいえば、マイルドな走りでアクセルの踏み込みを無意識に緩めようとさせてきたのがハイブリッド自動車です。
しかし、このフィットハイブリッドはその常識と正反対な一面を持ったハイブリッド自動車だといえるでしょう。

アクセルを踏み込めば燃費が悪くなってしまうのは当然ですが、パワーが必要なときにアクセルを踏み込んでもパワーが引き出せない自動車では意味がありません。

フィットハイブリッドは、しっかりとあなたの運転に応えてくれるハイブリッド自動車だといえるでしょう。

■こちらの記事も合わせてどうぞ!■

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識