クルマ買取のノウハウ

あなた好みの1台がきっと見つかる「クルマカタログ」

Eクラス(Mercedes-Benz)

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

Eクラスの歴史とカタログスペック、リセールバリューなど

新車価格帯 599万~934万円 おすすめグレード E 220 BlueTEC
JC08モード燃費 18.6km/L エコカー減税 一部を除き対象
排気量 1,991cc~5,461cc 車両重量 1,980kg
最高出力 430kW(585PS)/5500rpm 最大トルク 800N・m(81.5kgf・m)/1750-5000rpm
立体駐車場への入庫 リセールバリュー

Eクラスは、メルセデスベンツ・ブランドで最も人気がある大型乗用車です。現在はセダン・ステーショワゴン・クーペ・カブリオレの4つのタイプが製造されています。

初代のEクラスW124/S124/C124/A124は、W123の後継車種として1985年に誕生します。4ドアセダン、5ドアステーションワゴン、2ドアクーペ、2ドアカブリオレ、6ドアリムジンの5種類のボディタイプがありました。

日本ではちょうどバブルの真っ盛りの時期でもあり、正規輸入だけでなく並行輸入も含めてたくさん輸入されました。非常に人気のあるモデルで、生産が終了してしばらく経っている現在でも中古市場で人気があるモデルです。

2代目W210/S210は1995年に発売され、楕円形の4灯式のヘッドライトが外観上の大きな特徴となっています。サイドエアバッグがドアに内蔵されたり、ASRやESPが設定されたことで安全面での装備が向上しました。

室内空間も先代よりも広くなり乗り心地や使い心地の面、快適さの点でも大きく改良されました。1999年のマイナーチェンジでは、さらにエクステリアに変更がありました。

3代目W211/S211は2002年に発売され、先代よりもさらにヘッドライトの特徴が強調されたデザインとなります。先代のエレガントさを継承しつつ、スポーティーな要素も強調されています。

新しいプラットフォームを採用することにより、全幅・全高が拡大されました。欧州などでは廉価版のモデルも販売されていますが、日本ではブランド戦略により高価なモデルのみの販売となっています。

4代目W212/C207は、2009年に発売されました。先代までの特徴だった楕円形のヘッドライトが四角形になり、フロントの印象が大きく変わりました。

また、2010年にはステーションワゴンS121のモデルチェンジも行われ、カプリオレA207も導入されました。2011年は自動車生誕125周年で、特別仕様車も発売されています。

2013年にはEクラス初となるハイブリッドモデルの「E400 HYBRID AVANTGARDE」が追加されました。2014年のマイナーチェンジでは、「herman/kardonロジック7サラウンドオーディオシステム」などオプションパッケージが充実化されました。

2015年にはクリーンディーゼル車として「E220 BlueTEC」「E220 BlueTEC AVANTGARDE」が追加されました。

クルマの特徴

Eクラス初のハイブリッド車「E400 HYBRID AVANTGARDE」に搭載されているBlueDIRECT 3.5L V6エンジンと小型モーターの組み合わせと、ECOスタートストップ機能などにハイブリッドシステムにより優れた燃費性能を発揮しています。

35km/hまでモーターで走行することが可能なので、騒音を気にすることなく深夜車を出し入れさせることが可能です。トランスミッションにはハイブリッド専用の7G-TRONIC PLUSが採用されています。

サスペンションには、走行状況に応じてダンパー内のオイル量を変化させる、セレクティブダンピングシステムが搭載されているので、様々な走行状況でも優れた乗り心地を実現しています。

6つのレーダーと1つのカメラで絶えず周囲の状況を監視し、ドライバーの危機回避をアシストするレーダーセーフティパッケージや、ドライバーの疲労を検知すると注意を促すアテンションアシストなどの安全装備が搭載されています。

また、駐車時に役立つ、360°カメラシステムが搭載されています。これは、フロント・左右・リヤにカメラが搭載されているので、周囲の状況を確認することが可能です。狭い場所での駐車は、見下ろしているような視点のトップビューも役に立ちます。

更に、ステアリングとブレーキ操作を自動で行い、駐車をアシストするアクティブパーキングアシストが搭載されています。これによりドライバーはアクセル操作のみでより安全に駐車することが可能です。

燃費性能

「Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC」「Mercedes-AMG E 63 S」Mercedes-AMG E 63」E 550 AVANTGARDE」「E400 AVANTGARDE」「E300 AVANTGARDE」が8.5km/L~12.8km/L、「E220 BlueTEC / E220 BlueTEC AVANTGARDE」「E250 / E250 AVANTGARDE」「E400 HYBRID AVANTGARDE」が15.2km/L~18.6km/Lとなっています。

↓↓↓メルセデスベンツEクラスを下取りよりも高く売る買取術はこちら!↓↓↓

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!