クルマ買取のノウハウ

あなた好みの1台がきっと見つかる「クルマカタログ」

ビート(HONDA)

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

ビートの歴史とカタログスペック、リセールバリューなど

新車価格帯 139万円(販売終了) おすすめグレード
JC08モード燃費 ? エコカー減税 販売終了
排気量 656cc 車両重量 760kg
最高出力 64PS/8100rpm 最大トルク 6.1kgf・m/7000rpm
立体駐車場 リセールバリュー

ビートはホンダの2ドア2シートでオープンタイプの軽自動車です。

軽自動車でありながらスポーツタイプであり、まだバブルの時代であった1991年5月に発表されました。

一部のマニアに非常に人気があった車種であり、現在は生産されていませんが、状態の良いものは高値で取引されています。

この時代にはビートのほかにもオートザムのAZ-1、スズキのカプチーノなど同タイプの軽自動車が販売され、頭文字をとって『平成ABCトリオ』などと呼ばれていました。

この3種のなかでもっとも生産台数の多かったのがビートです。

搭載されているエンジンはE07A型直列3気筒SOHC656ccで、駆動方式にはNSXと同じミッドシップエンジン・リアドライブが採用されています。

トランスミッションは5速MTで、軽自動車でありながら四輪ディスクブレーキ、SRSエアバッグ、サイドインパクトビームを採用しているなどの特徴があります。

また、後輪のブレーキにはプレリュードと同じものが採用されたために大径化され前輪が13インチ、後輪が14インチとなっています。

トランクは装備しているものの非常に容量が小さいため、専用のキャリアも装着できるようになっています。

生産を終了したのは1996年でありすでに約20年が経過していますが、今でも大切に所持しているオーナーが多いこともビートの特徴です。

2010年にはオーナーミーティングがツインリングもてぎで開催され、569台が集まってのバレードランが行われてマニアの健在ぶりを物語っています。なお、このパレードランはギネスに認定されて2011年に登録されました。

2013年に行われた東京モーターショーで公表された「Honda S660 CONCEPT」が、2015年に「S660」として発売され、ビートの後継車種となっています。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!