ネット自動車保険って本当に保障内容大丈夫?プロが教える任意保険の真実

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

テレビのCMなどでネット保険を見かけることも多い現代

各社手を変え品を変え、ネット保険の素晴らしさをアピールしています。

例えば、チューリッヒは丁寧な電話応対を強調しています。

また、ソニー損保は有名俳優を起用して良い印象付けを行っています。

感じの良いCMに興味を持つのは当然です。

しかし、冷静に考えてみましょう。

あくまでもCMであり、加入意欲を刺激するのが目的です。

ただ、感じが良いからという理由だけで選ぶのは、少々危険かもしれません。

ネット保険は本当に大丈夫なのか、しっかりと検証していきましょう。

1.ネット保険の仕組みとは

ネット保険は、従来の保険契約の仕組みと正反対のシステムです。

従来の保険は、保険会社の社員や代理店の販売員と対面したり電話したりして、対象人物に対して最適な保険ブランを提案するものでした。

ネット保険は、日本では1999年にソニー損保チューリッヒが始めたので、その歴史はまだ20年足らず。人間でいえばまだ成人もしていません。

それだけに今後どう成長するかが業界の課題といえます。

ネット保険は、保険会社や代理店の営業マンと直接顔を合わせる必要はありません。

見積もりから契約までインターネットで完結します。

忙しい会社員や、対面が苦手な人にはピッタリの契約方法です。

一見、ネット保険は便利そうですが、長所ばかりではないことは明白です。

2.そもそも任意保険とは?

自動車保険は、自動車事故に関わる全ての補償をするものです。

対物事故・対人事故に対する修繕費・治療費などが該当します。

自動車保険には

 1.自賠責保険
 2.任意保険

の2種類が存在していて、基本的には両方に加入するのが一般的です。

自賠責保険は、法律で加入が義務付けられている。

ほとんどの場合は車検費用に加算されているので、保険料を支払っている感覚はないかもしれません。

しかし、車検の明細を見るとしっかりと自賠責保険という項目が明記されています。

自賠責保険は加入義務がありますが、その反面限度額が低いのが難点です。

 •傷害:120万円
 •死亡:3,000万円

が上限です。

また、後遺障害も障害の程度により細かく規定されていますが、最高金額は4,000万円と不十分感が否めません。

正直いって、これでは足りないケースはザラにあります。

新聞やテレビのニュースでも時々報道されているように、場合によっては補償額が億単位になることもあるのです。

明らかに自賠責だけでは無理な金額です。

それを自分で支払えるかと聞かれると、ほぼ不可能に近いでしょう。

賠償金が払えないために一家離散、というのも良く聞く話です。

また、補償範囲が対人のみのため、自動車の修理は自腹で賄う必要があります。

オーバーしてしまう対人部分と物損部分をカバーするために任意保険は存在しているのです。

もちろん、自賠責保険だけの加入でも一向に構いません。

しかし、転ばぬ先の杖という言葉もあるように、任意保険は加入している方がより安心感を持ってドライブを楽しむことができるのは明白です。

任意保険の新しい仕組みとしてネット保険が始まっていることを理解しておきましょう。

3.ネット保険と従来の保険との違いは?

先にも述べたように、ネット保険は全てがパソコンやスマホで完結する保険です。

一方、従来の自動車保険は勧誘員が個人宅や企業を訪問したり、アポをとって面談し、綿密に打合せをして最適な保険商品を提案するものです。

始まって20年弱のネット保険には、まだまだメリット・デメリットが混在する形になっています。

4.ネット保険のメリット

なんといってもネット保険のメリット

 1.安い
 2.簡単
 3.保険の知識がつく

主にこの3つが挙げられます。

1.安い

  
従来型の保険は、大手の損保会社・代理店・その従業員を抱えています
 
その分、施設の維持費・人件費・雑費が負担となり、保険料に上乗せされてしまいます。

保険販売員が手にする販売手数料などがその上乗せ分に該当する項目です。

しかし、ネット保険にはそういったコストをかなり削減できるメリットがあります。

保険料を抑えることができ、必然的に低コストに抑えられるということです。

2.簡単

ネットで必要事項を記入するだけで契約か完了するので簡単

従来型は販売員と面談するのに時間を割くのを面倒と思う人も存在するのです。

3.保険の知識がつく

従来型の保険では、販売員からいろいろな事を教えてもらえます

また、販売員に任せておけば間違いない、という風潮も相当数ありました。

一方、ネット保険では自分が今何等級にいるか把握する必要があったり、保険を切り替える際に必要な知識を予め知っておく必要があります。

必然的に、保険の知識が身に着くということです。

5.ネット保険のデメリット

メリットは同時にデメリットの面も持つ諸刃の剣です。

ネット保険も例外ではありません。

ざっくり見ても

 1.予備知識がないと難しい
 2.保険料はCMの通りとは限らない
 3.きめ細やかなサービスには疑問符
 4.契約書記入は自己責任
 5.保険料は年間一括払いが多い

などが挙げられます。

メリットよりデメリットの方が多いような気がしますが、とりあえず1件ずつ検証してみましょう。

1.保険の知識がないと難しい

メリットで挙げた保険の知識が身に着くに対してのまさに諸刃の剣といえます。

ちょっと難しい用語がでてくるだけでギブアップしてしまう人も少なくありません

ネット保険は、好奇心や探究心がなければ完璧に安心して導入することが難しいかもしれません。

2.保険料はCM通りとは限らない

CMではめちゃくちゃ安いみたいな表現をしているので興味がわくのも仕方がありません

しかし、あの保険料はかなり条件が絞られている状態

たとえば…

 •無事故無違反の20等級
 •年間の走行距離が少ない
 •通勤・仕事に使わない
 •新規契約である

これらの条件をクリアしたときに車両保険をつけなければ16,000円台などという夢の様な保険料になるのです。

実際、こんな超優等生なユーザーは極少数、ほんの一握りです。

だから、もし今あなたがネット保険に変えてみようと思われているなら、今までかけていた保険を念のために確認することをオススメします。

3.きめ細やかなサービスには疑問符

従来型の保険なら、仮に事故を起こした場合は、保険会社の事故担当の専門家が電話や直接先方に出向いて話をしてくれます

しかし、ネット保険ではそこまで手厚い対応はしてくれません

基本対応は電話のみでの簡易的なインスタント対応になります。

自力でなんとかしないといけない場合もあるので、ネット保険に加入する時は事前に応対内容などを確認しておくべきです。

4.契約書記入は自己責任

保険会社や代理店と対面で契約する際は、販売員がその場で確認してくれます

しかし、ネット保険はいわば自己申告

特約など「あ、間違えた、これじゃないや」と思っても訂正はほとんどできないので気を付けた方が良いでしょう。

5.保険料は一括払いが多い

CMでも安いと思った。

見積もりも安くできそう

と思ったところに待ち受ける落とし穴が保険料の払い込みです。

「30,000円くらいで済むなら1ヶ月当たり2,500円、これなら払いやすい」と安心していると、あとで泣きを見る事になる。

大抵のネット保険はその30,000円を一括払いすることになっているから、ある程度の金額を準備しておかなければならないのが最大のデメリットです。

ここまで見ると

「ネット保険ってデメリットだらけでは?」

「確かに安いけど安かろう悪かろうじゃないか?」

と思うかもしれませんが、ここで確認してみていただきたい。

ネット保険が始まって20年弱、最近はこれらのデメリットを改善する動きもあるのです。

まとめ ネット型自動車保険は「安かろう悪かろう」から「安かろう良かろう」へ

以上の様なデメリットが周知されるようになり、ネット保険は一旦2013年ごろには契約数は頭打ちになっています。

それに危機感を覚えた各ネット保険会社は

 ●24時間365日対応
 ●警備会社との提携
 ●きめ細やかなロードサービス

などの新しいサービスを展開しているのです。

例えば、夜間に民家のない山奥で事故を起こしてしまった場合、警備会社がすぐにかけつけてくれ、町までタクシーで送り届けたり、宿泊先を手配してくれるサービスが現れています。

もちろん費用は無料。

大手にも負けない、それ以上のサービスをこれからはネット保険に期待していけます。

少し前まではネット保険といえば、安かろう悪かろうの粗悪なサービスばかりのお粗末なものばかりでした。

しかし、現在はそのイメージを払拭すべく、各ネット保険会社は安かろう良かろうを目指して日々より良い保険サービスの開発に取り組んでいるのです。

まずは見積りだけでも取り寄せてみて、今の保険と比べてみることをおすすめします。

■こちらの記事も合わせてどうぞ!!■

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!