クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

知ってる?GTカーとスポーツカーの違いについて

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

GTとスポーツカーの境界線が曖昧になっている。
これは、日本だけでなく世界でも同様のことが発生しています。

古い話になりますが、スカイラインと言えばGTの赤バッチが付いているのがスポーツセダンの証などと言われていました。
そんな話を知っているのは、もうかなり年配の世代でしょうが、GTとスポーツカーの境界線が曖昧になっていることを感じます。

日本では、GTと付くグレードはエンジンが大きく走りを意識したグレードとして認識されているようです。

たとえば、スカイラインGT-Rや、ちょっと古いですがセリカGT-Fourなどは、GTが車名にもなっているくらいです。

しかし、本当の意味のGTとはスポーツカーとは少し違った意味を持っています。

そこで今回は、よく間違いがちなGTカーとスポーツカーの違いについてご説明します。

■GTの意味って知ってる?

GTは、イタリア語のGran Turismo(グランツーリスモ)の略称で、本来、グランツーリスモにカテゴライズされる車は、長距離の移動伴うドライブを快適に過ごすことのできる動力性能と、操縦性を持つ車とされてきました。

そういう意味で言うとスポーツカーとGTカーは別のカテゴリーの車と考えても良いでしょう。
しかし、ヨーロッパのレースで安全性を高めるため、レース専用に開発した車ではなく、市販車をベースとした高性能車を対象としたことから「GT」という名称がレースにも対応した高性能車、優れた車という意味に理解されるようになりました。

■GTの語源とは

GTのそもそもの語源は、イギリスのGrand Tour(グランドツアー)から来ています。
グランドツアーとは、貴族などの裕福な家庭の子女が、教育課程の最後に2〜3年かけてヨーロッパを回る修学旅行のことを言ったのが起源です。

グランドツアーに使われた馬車はイタリアやフランスのビルダーが作ったといわれますが、それが車のカテゴリーの名称になり、そして日本では自動車先進国のヨーロッパへのあこがれを含めて、GTというグレードや車名が広まった物と考えられています。

■日本者でのGTの解釈

国産車で初めてGTを使ったのはいすゞのベレットと言われて居ます。
いまでは、乗用車から撤退してしまっているいすゞですが、自動車の黎明期には名車を沢山生み出しているメーカーです。

つづいて、プリンス・スカイラインがスカイラインGTを発表して、「羊の皮を被った狼」と評されました。

それ以来、GTというグレードは国産メーカーでは必要十分以上の動力性能やコーナリング性能を持つ車についてGTというグレードを付けることが慣習となってきました。

国産車で、純粋なスポーツカーがあまり存在しないなかで、GTというグレードによって高性能であることをアピールすることは自然な流れだったのかもしれません。

しかし、GTという名前が、GT-Rなどによって過剰に一人歩きした感は否めません。
もっとも、よく考えて見ればGT-Rなどは4人乗りですし、グランツーリスモと言っても問題は無いのかもしれません。

■スポーツカーとは?

運転をスポーツになぞらえ、運転すること自体を楽しむ車というのが、スポーツカーの定義です。

スポーツカーは運転を楽しむために、運動性能を重視しています。
そのために、駆動方式や乗車定員、エンジンの出力などを決定しています。
運動性能のためには、ラゲッジスペースなども最小限に制限することもあるという意味で、GT(グランツーリスモ)とは異なります。

国産で純粋にスポーツカーと呼べる車は少なく、戦後に製造されたスポーツカーでは、ダットサン・フェアレディ、ホンダ・S600、トヨタ・スポーツ800、トヨタ・2000GT、マツダ・コスモスポーツなどがありました。

その後、1980年代から90年代にかけてのバブル景気によって、日産・スカイライン、マツダ・RX-7、トヨタ・セリカ、トヨタ・カローラレビン、トヨタ・スープラ、日産・スカイラインGT-R、マツダ・RX-7などが国内だけではなく世界的な人気となりました。

しかし、その後の原油高や排ガス規制によって、国産のスポーツカーは衰退。
それによって、以降の国産のスポーツカーはほとんど発売されることがなくなりました。

■スポーツカーの復権が車の人気の回復の鍵となるか

最近、国産メーカーからのスポーツカーが多く発売されています。
ホンダからはS660、新型NSX、トヨタとスバルは86とBRZ、日産GT−Rは2007年から一定の評価を得ているスーパースポーツです。

ほかにも、Bセグメントと言われる小型車のトヨタ・ヴィッツのホットハッチモデルと言える「ヴィッツTGRコンセプト」を発表するなどしています。

この流れは、いままで普通の乗用車のハイパフォーマンスバージョンとして、GTグレードを設定して、顧客のニーズを繋いできた国産メーカーが、本当に魅力的なスポーツカーと呼べる物を作ろうとしているように見えます。

90年代のバブル景気が終わって以降、なかなかスポーツカーが現れませんでしたが、最近の流れを見ていると、今後面白い車が出てきそうな予感がします。

90年代のように、国産のGTカーではなく、スポーツカーを選べる時代が来ることを筆者はとても期待しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識