クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

元プロメカニックが教える車のエアコンの臭い対策

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

あなたは自動車のエアコンから出てくるイヤな臭いを感じたことはありませんか。
この臭いは、自動車査定にも関係してくる厄介なシロモノです。

普段自動車に乗っていても気になるほどの臭いです。
できることなら臭いの根源を断ちたいのが自動車ユーザーの本音だと思います。

今回は、元プロメカニックとしてこの臭いとどう戦ってきてどう対処してきたかをあなたにお伝えして、今後の自動車ライフを快適に過ごせるお手伝いをしたいと思います。

1.臭い対策に芳香剤はダメ!!

エアコンが臭い出す時期になると、部品量販店などでも芳香剤や消臭剤の類の商品が多く出回るようです。
私がディーラーメカニックを務めていたころも、梅雨時期や冬前にはよくエアコン関連の作業依頼が多かったのを覚えています。

その上で私があなたにお願いしたいのがエアコンが臭ってきても芳香剤で誤魔化さないで欲しいということです。

臭いを芳香剤の香りで誤魔化したとしても、それは一時しのぎにしかならないばかりか、下手をすれば両方の臭いが混ざり合い余計酷い臭いになってしまうこともあります。
そして、ここで私があなたに訴えたいのは、ニオイを誤魔化すことで、あなたの健康を脅かす危険性があるということです。

それはどういうことなのか。
順を追ってご説明いたしましょう。

2.臭いの元を知ろう

エアコンから漂ってくる臭いの元のほとんどは【カビ】です。
上で【あなたの健康を脅かす危険性がある】といったのは、この【カビ】のせいです。
ただでさえ閉鎖された空間で、イヤな臭いを抑えただけのカビ菌まみれの空気が車内を循環してしまう。
これは恐怖です。
カビの発生にはいくつかの要因がありますが、主に冷房による結露や雨天時の湿気を含んだ埃が原因となります。

また、ご存知【PM2.5】もエアコンから入ってくる臭いの元になります。
中国大陸から押し寄せてきているとテレビの情報では有名になりましたが、この【PM】とは【トラックの黒い排気ガス】もっと平たく言えば【煤(すす)】です。
今でこそ日本国内ではトラックの排気フィルターが義務化されているので、ある程度は街中での発生は抑えられています。
しかし、そのフィルターを通過してしまうほど細かい粒子となったものが【PM2.5】として蔓延するのです。

そして最後に【人為的な臭い】です。
タバコ・化粧品・デオドラント・飲食物など、あなたや同乗者が持ち込む臭いを発するものの全てが、エアコンフィルターに吸着されることによって車内に充満することになります。

3.臭いの対策方法

あなたが今すぐにできるエアコンからの臭い対策は【換気】です。
徹底した換気が水分を含んだ埃を乾かしてくれます。
そして、送風のみの強風で埃を吹き出してしまうことが最良でしょう。

エアコン消臭剤がありますが、吹き出し口から逆流させることでは臭いの元には絶対に届きません。
むしろ、吹出し口奥のプラスティック部分が劣化してしまい、いつの間にか穴が開いてしまう恐れがあるのでオススメはしません。

仮に消臭剤を使う場合、私なら外気取り入れ口から消臭殺菌するようにします。
これは、プロメカニックであれば誰しも知っているエアコン洗浄方法です。
しかし、この方法は決して難しいことではありませんが、市販の消臭剤の効能には期待しきれませんので、できればカーエアコン専用の洗浄剤で消臭していくことをオススメ致します。

4.自動車事業者の消臭方法

私がディーラーメカニック時代は、基本的に洗い流す方法を取るように指導されていましたし、現在でも同じ方法を推奨されています。

作業名としては【エバポ】という通称で通っていて、デフロスター(エアコンの風の通り道)内を泡状の洗浄液によって強制的に洗浄していく方法です。
ただのガス状の消臭剤ではなく泡状の洗浄剤を使うことで、デフロスター内に固まって付着した埃やカビ菌・PM2.5まで洗い流すことができるのです。

徹底した車内消臭まで希望するユーザーには【オゾン消臭】までして、エアコン消臭と車内消臭を施します。

そして、忘れてはいけないのがエアコンフィルターの交換です。
グローブボックスを外したところや、助手席側の足元などに設置されたフィルターを交換しなければ、せっかくの作業も中途半端に終わってしまいます。
ろ紙フィルターだけでなく、活性炭フィルターなど種類も複数あるため、消臭効果が長く続くようにするにはフィルター自体も消臭効果のあるものを選ぶのが良いでしょう。

5.まとめ 車内の臭いを断ち切ろう

エアコンの消臭は、車内の快適性を求める上で必ず必要になる作業です。
気になるようでしたら、あなたが自分で消臭剤を買い求めるよりも、自動車ディーラーにエアコン洗浄を依頼することを強くオススメ致します。

ただ、1つだけ言えるのは【一度の消臭作業で全ての消臭殺菌ができるわけではない】ということです。
自動車を使い続けることで臭いはまた発生してしまいます。
できる事なら、年に一度はエアコンの洗浄をすることをオススメ致します。

また、冷房温度を下げ過ぎることによってデフロスター内に結露を発生させる要因となりますので、設定温度より1°C温度を高く設定することをオススメ致します。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識