クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

【プロメカニックの常識】吸気フィルター交換によるメリット・デメリット

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

自動車のカスタムを始めると、誰もが手を付けたくなるのが【吸気】と【排気】に関わるパーツです。
アクセルを踏み込んでいくに従って響く吸気音と、それに追従してくる排気音は、正にあなたの心を踊らせてくれる活力剤と言えるでしょう。

今回は、そんな活力剤の1つ【吸気フィルター】についてメカニック的見地からあなたへお伝えしたいと思います。

手軽に交換できるパーツではありますが、その手軽さにある落とし穴に気付かないままカスタムすることは、あなたの自動車ライフを台無しにしてしまう可能性があります。

ほんの少しだけ、自動車に対する知識を広げてみましょう。

1.吸気フィルターとは?その役割

吸気フィルターとは、エンジンに送り込む外気を綺麗にするためのパーツになります。

何層にも重ねられた繊維が、埃や虫や水分までも取り除くように作られた乾式フィルターと、より外気を綺麗にできる湿式フィルターの2種類が存在します。

この吸気フィルターがなかった場合、エンジンに送られる外気の汚れがそのまま燃焼室へと送られ、燃えかすとなって排気されることになります。

しかし、これは正常に燃焼行程ができている場合です。
燃焼室内に埃などの燃えかすが蓄積されてしまうと、ノッキングを引き起こす原因となり、最悪の場合ピストンの焼き付きを引き起こすこととなりエンジンが壊れてしまうのです。

2.吸気フィルターの種類と特徴

まずは純正の吸気フィルターについてご説明しましょう。

乾式フィルターの主な素材は紙です。
目の粗い紙を何層にも重ねて異物を除去しています。

ただし、繊維の目を通過してしまうほど細かな埃は燃焼室で燃やし排気されることになります。
素材が紙ということもあり、ランニングコストは非常に低価格で抑えられます。

湿式フィルターの主な素材はコットンになります。
コットンということもあり乾式フィルターよりも目は粗く、そのまま使用していたら相当量の埃の吸入を許してしまいます。

そこで、コットンにオイルを染み込ませより多くの異物の侵入を防ぐように作られています。
フィルター自体を洗い、乾燥させ、再度オイルを染みこませることで繰り返し利用できるとされていますが、分解時に固定金具が壊れやすくなっているため、実質使い捨てとなる場合が多いです。

次に社外の吸気フィルターについてです。

社外の吸気フィルターにも乾式フィルターがあります。
その多くは、純正の吸気フィルターと置き換えるだけで利用できるものです。
価格は純正のものより若干高くなりますが、紙の層が薄くなることで吸気効率を上げてあります。

湿式フィルターは、多くのカスタム愛好家が利用している砲弾型のスポンジフィルターが有名です。
純正と同様にオイルを染み込ませて使用します。
購入金額もそれなりにするため、繰り返し利用ができるように作られています。
フィルター素材がスポンジのため、吸気効率はとても良く、オイルの付着したスポンジは埃をしっかりと吸着してくれます。

3.吸気フィルターを交換するメリット・デメリット

吸気フィルターは、常に清浄な状態を維持していることでその効果を発揮することができます。
主な役割は異物の除去なのですが【空気抵抗を作る】という大切な役割も持っているのです。

純正の吸気フィルターというのは、社外パーツよりもかなり吸気効率が悪くなっています。
その分、エンジンの清浄という部分に大きく貢献しています。

ここでわざわざ社外の吸気フィルターに交換するメリットは【吸気効率のアップ】が挙げられます。

燃料を効率よく完全燃焼させるためには、吸気量を増やす必要があります。
純正の吸気フィルターでは、目詰まりし始めると吸気量が減り、完全燃焼しきれないという現象が発生します。

そこで役立つのが社外の吸気フィルターです。

正直なところ、最もエンジンを清浄化することができるのは純正の乾式吸気フィルターです。

しかし、最も一定した吸気効率を確保できるのは社外の湿式吸気フィルターになります。
埃がどれだけ付着していても、フィルター自体の目の粗さが吸気の妨げを防いでくれるのです。

ですが、メリットばかりではありません。
高い吸気効率を確保することはできるのですが、絶対的な吸気抵抗が足りず、吸気メーターの誤作動を生じることがあるのです。

吸気量が確保されるだけではいけません。
アクセル開度に対し、適正量の吸気があって初めて燃料は完全燃焼することができます。

燃料に対し吸気量が多すぎる場合、異常燃焼(ノッキング)を起こすことになります。
それも、通常の何倍もの温度での異常燃焼を起こすことになるので、点火プラグを溶かしたり、ピストンに穴が開いたりと、エンジンにとって致命的なダメージを与える原因になるのです。

吸気フィルターを交換する際には、この凶暴なデメリットを理解した上で適切な順序を踏んで行いましょう。

4.まとめ 吸気フィルターを交換する意味を理解すべし

吸気フィルターの役割は【エンジンの清浄化】と【吸気抵抗を作る】ということをここではお伝えしました。
ボンネットを開けた時に、吸気フィルターが交換されているとファッション的にもワンランクアップしますが、その見栄えの良さの裏にある凶悪なデメリットをしっかり理解しましょう。

自動車における吸気とは、人間の呼吸と何一つ変わりません。
適切にそのサイクルが行われなければ、自動車はしっかりと走行することができなくなります。

これからのあなたの自動車ライフが、より高みに近付けるようにしっかりとした知識を持った上で触れ合ってみてはいかがでしょうか。
 
 
■チューンナップやメンテのことをもっと知りたい方はこちら!■
 

 

 

 

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識