任意保険の必要性 いざという時 あなたに残された最後の砦

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

自動車の運転をする際には、全ての使用者が必ず自賠責保険に加入する必要があります

自賠責保険加入を怠った場合は1年以下の懲役or50万円以下の罰金の刑を課されることとなるため、加入は絶対にしなければなりません。

というよりも、自分自身の身は自分で守るために必要な最低限の備えといっても良いでしょう。

更に、自賠責保険の未加入は免停の対象にもなるため注意が必要です。

自動車保険にはもう1種類、任意保険と呼ばれるものも存在します。

加入義務はありませんが、加入しておく方が自動車を運転するに至って【安心】の補償を手にすることができます。

この補償は、ドライバーのみならず同乗者や事故相手への補償にもなりますので、私としては加入義務を設けても良いと考えています。

しかし、その一方で任意保険に加入していないドライバーがいるのも事実です。

今回、任意保険の概要や必要性・加入した際のメリットを紹介してあります。

任意保険の種類や選ぶ時のポイントも載せてあるため、任意保険の加入を考えているあなたは必見です。

1.任意保険とは何か?

任意保険は自動車保険の1つで、自動車事故を起こした時の損害額をカバーする保険です。

自賠責保険しか入っていない場合と比べると補償額が増えるため、大事故を起こしても損害額を全てカバーできる確率が上がります。

任意保険の加入は、自動車販売店や保険代理店だけではなくインターネット上の契約も可能です。

なお、任意保険での補償額は各契約内容によって異なります。

2.任意保険はなぜ必要なの?

任意保険が必要な理由は、自賠責保険で補償しきれない金額をカバーするためです。

例えば、自賠責保険しか加入していなかった人が、死亡事故を起こした場合の最大保証金額は3,000万円です。

ケースによっては3,000万円を超える損害賠償を請求される可能性も充分にあります。

医者や弁護士など高所得者を死亡させた場合、2億円前後の損害賠償請求をされた事例もあるため、自賠責保険だけでは到底カバーしきれません。

更に、自賠責保険には物損事故の補償がありません

もし、支払えない場合は自宅や自動車など資産を売却して払う状況に追い込まれます。

任意保険に加入してさえいれば、事故を起こした際の補償対象が大幅に増えます。

 •対物
 •対人
 •搭乗者
 •車両

まだまだ項目は無数に存在しています。

事故で人生を台無しにしたくない人は、任意保険の加入を本気で考えてください。

3.任意保険のメリットは他にもある

任意保険のメリットは、何も補償対象を増やすだけではありません

自賠責補償と違い、自身でカスタマイズすることで補償内容を広げていくこともできるのです。

保険会社によっては、特約プランを用意しているケースもあります。

特約プランの例は下記の通りです。

 •他社運転特約
 •弁護士費用保障特約
 •運転者限定特約

また、任意保険によってはロードサービスが付いているケースもあります。

旅先での故障時にも安心の補償です。

これがなければ、一度のレッカー費用で数万円を請求されてしまう事例がゴマンとあります

任意保険の必要性を訴えるのに充分すぎる補償の1つです。

4.任意保険の種類は?

任意保険の種類は主に7種類あります

内容は下記の通りです。

1.対人賠償保険

事故を起こした際に、被害者への賠償に充てられる保険です。

被害側の運転手や車内に同乗していた人、歩行者に対して支払われます。

つまり【人】です。

ただ、対人賠償保険で保障されるケースは、損害賠償請求額が自賠責保険での補償額を超える場合のみになります。

また、自賠責保険未加入者が任意保険のみで補償することはできないためご注意ください。

2.対物賠償保険

事故で相手の車やモノを傷つけた場合に、支払われる補償制度です。

「相手側の車内に積んであった荷物を傷つけた」「車を大破させた」などです。

自賠責保険では補償されない部分で、実際問題かなりの頻度で使用することになる保険です。

未加入時にこそ些細な事故を起こしがちなもの。

余裕の有る無しに関わらず加入することをオススメします。

3.人身傷害補償保険

あなた自身に補償される保険です。

過失の有無に関わらず、運転者・同乗者が補償の対象となります。

ただ、保険会社の審査によって補償金額は異なります

事故を起こしても補償されないケースもあるため、事故シーンを確実に記録しておけるようにドライブレコーダーを装備しておくことをオススメします。

4.搭乗者傷害保険

あなた自身が運転する自動車に同乗者がいた場合、ケガや死亡してしまった際に支払われる保険です。

自賠責保険で補償額が発生した場合も支払われます

5.無保険車傷害保険

あなた自身に過失のない事故が起こるケースもあります。

相手側に損害賠償請求した際に、支払い能力がないという最悪の事態の場合、この保険に加入していなかったら自腹をきる必要が出てきます

無保険車傷害保険に加入していれば、本来支払われるはずだった金額を保険会社から受け取ることができます。

6.自損事故保険

自らの過失で事故を起こして、あなた自身が死亡・ケガをしてしまった際に家族に対して補償される保険です。

巻き込み事故だけではなく単独事故の場合も補償されます。

7.車両保険

事故で自動車を破損させた場合の修理費を補償する保険です。

当て逃げ時のみの補償や接触事故を起こした場合のみの補償など、様々なプランが準備されています。

補償が充実している保険会社もあるのでチェックしてみてください。

5.任意保険を選ぶ時の注意点・ポイントは

任意保険は慎重に選ばないと入会後に後悔する場合もあります。

任意保険を選ぶ時の注意点・ポイントを見てみましょう。

1.必要な補償内容を前もってピックアップする

任意保険に加入する前は、必要な補償内容を決めましょう

補償内容は、運転者のライフスタイルによって異なります。

無駄金を使わないために、補償内容を決めてから任意保険に加入するのが基本となります。

保障内容を決めると、加入時の手続きもスムーズになります。

自分がどのようなプランに加入すれば良いか分からない場合、ファイナンシャルプランナーなど家計の専門家への相談もかなり参考になります。

2.補償されないケースを確認する

任意保険加入前に、補償不可のケースを確認するのも忘れないでください

事故の状況によっては、補償されない場合もあります。

事故時に補償額が大幅ダウンすることもあるため、規約の確認は必須です。

3.任意保険には等級が設定されている

等級は1~20等級まで設定されており、事故を起こさない期間が長くなるほど等級は上がります

等級の数字が大きくなると保険料の割引率が大きくなるので、普段から気をつけて運転することを心掛けましょう

事故を長期間起こさなければ、安い料金での保険継続が可能です。

逆に、事故を起こいてしまい等級ダウンとなってしまうと割引率は小さくなります。

保険料が割増しになるケースもあるため注意してください。

物損事故や対物事故を起こすと、3等級ダウンする場合もあります。

更に、盗難・落書き被害に遭った場合は、1等級ダウンになる恐れがあるため気をつけてください。

あなた自身の責任ではないといっても、保険会社の解釈としては【被害を受けやすい状況を作ってしまっている】という認識となってしまうのです。

愛車は大切にしろ!ということですね。

なお、他の任意保険に加入しても一定期間内であれば等級は引き継がれます。

等級ダウンしたことは隠せません。

事故を何度も起こした場合、保険に加入できない恐れもあるため要注意です。

4.保険料・補償額は保険会社で違う

意保険の場合、毎月の保険料・補償額は異なるため、1つの保険会社に絞るのは危険です。

自動車保険比較サイトで、各保険会社の保険料・補償額を比較すると費用を抑えられるでしょう。

同じ補償内容でも、保険会社によっては年間で数万円の保険料が浮くケースがあります。

そのため、各保険会社同士の比較は必須事項なのです。

いくら保険料が安くても、補償時の対応が雑な保険会社も存在するため要注意。

雑な保険会社にあたらないためには、口コミの情報も有用です。

口コミを参考にすると、理想の保険会社を見つけやすくなります。

しかし、口コミの中には信憑性が低い意見や誹謗中傷もあるためお気をつけください。

5.どの保険会社に加入すると自分に有利か考える

保険料の決まり方は、各保険会社の規定によって決定されます。

等級のみで保険料が決まるケースもあれば、等級+年間走行距離で決まる場合もあります。

保険比較サイトと併用して試すと、より安い保険料で契約できる保険会社を見つけられる場合もありますので、一度お試しください。

まとめ 任意保険はあなたに残された最後の砦

任意保険の加入は、万が一事故を起こした時に大事な保険です。

加害者ではなく、あなたが被害者となった場合も任意保険で補償される事例はいくらでもあります

ぜひ、各保険会社の費用を比較して、あなたに合った任意保険を見つけてください。

■こちらの記事も合わせてどうぞ!!■

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!