クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

2017年今年買うべき車はこれだ(国産車編)

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

車を購入するときに、売るときの事を考える人はあまり居ないかもしれません。
しかし、多くの場合、車を購入して何年かで車を下取りまたは売却して新しい車に買い替えます。

車の買い取り価格は、新車の価格に比例するわけではなく、中古車相場によって決まります
実際に、新車は高かったのに買い取り価格は思ったより高くなかったということや、下手すると、買取り価格が付かない(0円)という事も十分考えられます。

そこで、今年、車の購入を考えている皆さんにどんな車を購入しておけば安心かご紹介していきます。
まず今回は、今年買うべき国産車をご紹介します。

■軽自動車

小回りが利いて、税金などの維持費が安くて済む軽自動車を購入予定なら、2017年は、購入するタイミングを間違えないように注意しましょう。
というのも、2017年は売れ筋軽自動車のフルモデルチェンジが目白押しだからです。

まずスズキでは、アルトのマイナーチェンジとワゴンRスペーシアがフルモデルチェンジの予定です。
アルトは、燃費改善などの小変更とみられますが、人気車種であるワゴンRとスペーシアのフルモデルチェンジは見逃せません。

ほかにも、ホンダの人気軽自動車のN-BOXがフルモデルチェンジする予定です。
また、ダイハツ・タントも今年フルモデルチェンジされる予定があります。

今年は、この人気のスーパーハイトワゴンクラスの人気車が全てフルモデルチェンジされます。
知らずに旧型を買ってしまって悔しい思いをしないようにしましょう。

■ミニバンクラス

ミニバンは、国産車でも多くのメーカーがしのぎを削るカテゴリーです。
それはもちろん、ミニバンを求めるユーザの需要が高いために他なりません。

ミニバンに必須の人気の条件は、「スライドドア」と「3列シート」と言われます。
子供が居る家庭では、乗り降りの時に隣の車や壁にドアをぶつける心配のあるヒンジドアよりもスライドドアの方が断然人気があります。

また、ミニバンで求められるのは、押し出しの強いフロントマスクと、高級感のあるインテリアです。

・大型ミニバンはアルファード/ヴェルファイアで決まり!

大型のミニバンでは、アルファードヴェルファイアがなんと言っても一番の人気です。
押し出しの強いフロントマスクと、高級感のある内装、そしてLEDを使った内装のイルミネーションは、日本国内では人気が高くなっています。

アルファード/ヴェルファイアは、シャーシとエンジン(ハイブリッドシステム)は全く共通でエクステリアデザインとインテリアデザインが異なる兄弟車です。
燃費はハイブリッドなら、18.4km/Lと、このクラスでは驚異的な燃費性能を持っています。

アルファードは、高級感のあるエクステリアデザインとインテリアになっており、ヴェルファイアはアルファードと比べると若者向けのデザインになっていますが、どちらも同程度の販売台数を保っているので、両者の棲み分けがうまく行っているという事でしょう。

ライバルの日産・エルグランドはハイブリッドもラインナップになく、2018年にモデルチェンジも噂されており、すでにモデル末期なので、今年大型のミニバンを購入するならアルファード/ヴェルファイアで決まりでしょう。

・中型ミニバンはやはりエクスクァイア

エクスクァイアは、トヨタの中型のミニバンです。
エクスクァイアは、ノア・ヴォクシーとシャーシやエンジン(ハイブリッドシステム)を共用する兄弟車です。

しかし、フロントマスクにアルファードを連想させるような大型の格子状のメッキグリルを装備し、インテリアはノア・ヴォクシーにないレザーシートやメッキの装飾がなされ、他の2台と比べて高級感を演出します。

価格はノア・ヴォクシーと比べると高価ですが、アルファードは自分で乗るには大きすぎるが、高級感のあるミニバンに乗りたいというユーザーのニーズを見事に捉えています。

ライバルの日産セレナは、自動運転の要素技術である、同一車線内のステアリング操作支援システムをいち早く搭載しましたが、燃費ではハイブリッドがないために、エクスクァイアの23.8km/Lにはかないません。

今後自動運転技術は新しいものが次々に発表されると予測されますので、セレナのアドバンテージはそれほど無いと考えた方が良いでしょう。

そういうわけで総合すると、今年買うべき中型ミニバンはエクスクァイアがおすすめです。

・小型ミニバンはフリードかシエンタの2択
小型サイズのミニバンの人気車種は、ホンダ・フリードとトヨタ・シエンタが、新車でも中古車でも人気があります。

この2台は全長4mとすこしの小型サイズでありながら、車内は広く3列シートと両側スライドドアというミニバンの売れ筋のポイントをしっかりおさえています。

両車種ともにハイブリッドを搭載しており、燃費も27.2km/L(ガソリン車の場合はフリードが19.0km/L シエンタが20km/L)と全く同じとなっています。

この2台はスペックは均衡していますが、どちらも人気でデザインが.両車で全く異なるため、好みによってどちらを選んでも間違いのない車です。

■SUVクラス

SUVは、世界的にも注目を浴びているセグメントで、国産メーカーもSUVに力を入れているメーカーが多くなっています。

とくに今年、2012年から始まったマツダのSKYACTIVテクノロジーと鼓動デザインの第一号として発表されたCX-5が、マツダロードスターを経て一巡してモデルチェンジされると言う事で、デザインも洗練されさらに魅力的なSUVとして人気になる事は間違いないでしょう。

新型CX-5は、2017年2月の販売時には、エンジンは現行のラインナップと変更がなく、燃費性能の劇的な向上はありませんが、マツダが第2世代SKYACTIVテクノロジーの目玉として開発しているという自己着火式のガソリンエンジン(HCCI)が将来的に搭載される事も今後予想されます。

また、CX-5は5人乗りですが、CX-5のボディーを延長して3列シートを実現した、CX-6という新型車の発表も予想されています。
マツダにはCX-9という3列シートの大型のSUVがありますが、日本国内に導入するにはボディサイズが大きすぎると判断され販売に至っていません。
しかし、同クラスのライバル車には3列シートを備える物もあるため、それに対抗するのだと思われます。

CX-5のライバルといえば、トヨタ・ハリアー、レクサス・NX、日産・エクストレイル、スバル・フォレスターですが、CX-5のエクステリア・インテリアのデザインと質感は、価格的に上のクラスのレクサス・NXに迫る物があり、CX-5はやはり、価格から考えるとお買い得な車と言えます。

国内のSUVの現在の王者と言えばホンダ・ヴェゼルです。
ホンダ・ヴェゼルは3年連続SUV販売台数No.1を記録しています。

それは、扱いやすいサイズの小型SUVであることと、ハイブリッドの燃費性能、クーペのような流麗なエクステリアデザインがヒットの要因だと考えられます。

そして、そのホンダ・ヴェゼルのヒットに待ったをかけるのが,2017年にトヨタから販売されるC-HRです。
C-HRは、プリウスと共通のシャーシにトヨタのお家芸であるハイブリッドシステムもしくは、1.2リッターダウンサイジングターボを搭載しています。
ただし、ハイブリッドを選択すると4輪駆動が選択できないのが残念なところです。

エクステリアデザインは、ヴェゼルの落ち着いたデザインに対してC-HRは思いっきり未来的なデザインを採用しています。
このあたりは、ミニバンクラスでのホンダ・フリードとトヨタ・シエンタと似た構図となっています。

いずれにせよ、C-HRは流れるように光るLEDウインカー(オプション)を装備したりと先進的なイメージを持った車となっており、人気車種になる事間違い無しでしょう。
もちろん、3年連続SUV販売台数No.1のホンダ・ヴェゼルでも問題ありません。

■コンパクトカー

コンパクトカークラスでは、ハイブリッドを搭載したトヨタ・アクアや、ホンダFITハイブリッドが人気車種でした。

しかし、2016年終盤に発売された日産ノートe-powerはエンジンが発電だけを行うシリーズハイブリッド方式を採用して、ライバルと戦える土俵に立ちました。

それに加えて、トヨタ・ヴィッツがハイブリッドを搭載した事も見逃せません。
トヨタの一番小さいハイブリッド車が、アクアからヴィッツに変わった事によって、アクアとヴィッツの人気がどうなるか楽しみです。

コンパクトカーは今後、ハイブリッド車以外は、下取りや買取りで高値が望めないと言う事になるなって行くと考えられます。

筆者が個人的に注目したいのは、2016年末にモデルチェンジしたスズキ・スイフトです。
1.2リッターハイブリッドと1リッターターボエンジンを採用し、ハイブリッド車でもなんと1トンを切る軽量な車体を実現しています。

エクステリアデザインもインテリアデザインも程よい高級感とスポーティーさを持ち合わせており、スズキの力の入れようがよくわかる車になっています。

スイフトのスポーツバージョンである、スイフトスポーツはまだ発表されていませんが、近いうちに必ず発表されるはずなので、コンパクトカーで走りの良い車が好きな方は、スイフト・スポーツを待つのも良いでしょう。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。
2017年に発売される予定の車を含めて、おすすめの車を紹介させて頂きました。
次回は、輸入車のおすすめをご紹介する予定です。

■こちらの記事も合わせてどうぞ!!■

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識