クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

車に優しい日常メンテナンス<ブレーキ編>元プロメカニックが教えます!

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

自動車において何よりも大切なパーツ、それがブレーキです。
あなたはブレーキに触れたことはありますか?

誰にでも触れることができるパーツなのに、意外と触れたことがないユーザーが多いです。

あなた自身が分解したからと言って、今後の保証は一切しないというものでもないのに、なぜ関心を持とうとしないのでしょうか。

購入時に装着されているパーツが不十分とは言いません。
しかし、少しでも安心して走行したいとを考えた時、元プロメカニックである私としては、少しでも制動能力の高いものを使用したいと考えます。

今回は元プロメカニックとして、あなたの不安のない自動車ライフにつながるブレーキについてお伝えしていきたいと思います。

1.ブレーキの必要性

当然ですが、ブレーキとは自動車を「停止させる」「速度を落とす」ためのパーツになります。

自動車には、【止まる】【曲がる】【走る】という三大要素が必要となります。
その中でも、止まるということは何よりも重要なものとなります。

止まることができない自動車に乗るということは、ロープ無しでバンジージャンプをするのと同じ意味を持ちます。
正に自殺行為です。

元プロメカニックとしては、どのパーツを良くするよりもブレーキを良くすべきだと断言できます。

どんなに早く走行できたとしても、止まることが出来なければ元も子もありません。
逆に、ブレーキのキャパシティーが多くとれている場合、追突事故にあったとしても二次災害を防ぐことにつながります。

2.一番気をつけたいブレーキ部品

あなたの命を守ることに一番重要なパーツであるブレーキの、日常的なメンテナンス方法とはいったいどんなものが挙げられるのでしょうか。

第一に【清掃】です。
埃が積もった廊下が滑りやすいのと同じように、ブレーキも汚れているとしっかりとした制動力を確保できなくなります。

次に【点検】をします。
ブレーキには【ディスクブレーキ】と【ドラムブレーキ】の2種類があり、それぞれ構成しているパーツが違います。

ディスクブレーキは【ブレーキパッド】【ブレーキローター】【ブレーキキャリパー】が主なパーツで、ドラムブレーキは【ブレーキシュー】【ブレーキドラム】が主なパーツになります。
そして、どちらのブレーキにも【マスターシリンダー】と【ブレーキフルード】が必要となっています。

これらが、あなたが容易に点検できる項目です。
清掃・点検をした上でブレーキに不備が見つかった場合、最終的に【交換】をします。

では、ブレーキの【清掃方法】と【点検・交換時期】についてポイントを挙げてみていきましょう。

3.ブレーキの清掃方法

ブレーキは消耗していくパーツです。
そして、そこで発生する汚れは【チョークの粉】ほどの細かさになります。

さらに、その汚れが発生する際にはとても高温でブレーキが発熱します。
そのため、発生した汚れは焼き付き、制動力の低下につながるのです。

ブレーキの清掃方法は、設備さえあれば難しいものではありませんが、一般宅にエアーコンプレッサーを常備しているというのはなかなかありません。

そのため、持ち運び式のタイヤのエアー補充タンクのあるガソリンスタンドで、エアーチェックの際に一緒に吹き飛ばしてしまうのが良いでしょう。
または、エアゾール缶を使用するのも良いでしょう。

いちいち分解して清掃しなければいけないわけではないのです。

埃はほうきで払えますし、風で吹き飛んでもいきます。
高圧縮されている空気で吹き飛ばしてしまえば、多くの汚れはなくなっていきます。

4.ブレーキの交換時期

ブレーキが消耗品であるということはご説明しました。
使い続ければ摩耗して、最終的には制動力のないただの重りになってしまいます。
そのため、点検して交換時期を見極めていかなければなりません。

基本的にブレーキは、分解しなければ交換時期を確かめる方法はありません
ドラムブレーキは特に、摩耗限度を知らせてくれるパーツを有していないため必ず分解が必要になります。

ディスクブレーキには【アンチスキールシム】という鉄板が入っているため、摩耗限度になると金属の擦れる音を発するようになります。
この音を嫌って外してしまう方もいますが、確実な交換時期を知らせるためのパーツなので外さないで下さい。

音や目視でしか交換域を知ることが出来ないのかというと、実はもう一つ方法が残っています。
走行距離による察知方法です。

ディスクブレーキは3万〜4万km、ドラムブレーキは5万〜10万kmでのパッド・シューの交換が目安とされています。
ローター・ドラムの交換時期はおよそその倍と考えておけば問題ありません。

この距離を目安にパーツの交換をしておくことで、あなたが安全に運転できる自動車を維持することができるのです。

5.まとめ ブレーキは命に関わる大事な部品

ブレーキには、絶対に不備があってはいけません。
あなただけでなく、周りの全ての人々の命をつなぐためのパーツだからです。

車検ごとに担当メカニックが確認はしてくれます。
しかし、いついかなる時もついていてくれるものではありません。

あなたの自動車をメンテナンスするのは、あなたの危機管理力です。
ご自身でメンテナンスするのも、メカニックに委ねに持ち込むのもあなた自身が危機感を持つことから始まります。
不安を感じたり違和感を覚えたら、放置せずに対処するようにしましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識