クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

ドライブを快適にするスマホアプリ大特集

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

突然ですが、カーライフに役立つコンパクトな高性能コンピューターがあれば、ぜひ手に入れたいと思いませんか?

「手に入れたい!」と手をあげたみなさんに朗報です。

実はそのコンピューターは、みなさんの身近にあります。
そう、カーライフに役立つ高性能コンピュータとは、スマートフォンのことなのです。
AndroidスマホやiPhoneのアプリには、カーライフに役立つものがたくさんあります。

今回は、そんなスマホアプリの中から、特に人気の高いものを厳選してご紹介。
無料で使えるものを中心に多様なアプリを取り上げるので、ぜひチェックしてみてください。

■お出かけに役立つアプリ

最初にご紹介するのは、マイカーでのお出かけに役立つ便利なアプリです。
以下3つのアプリは、長距離ドライブを快適にしてくれるものばかり。
どのアプリも、AndroidとiPhoneの両方で利用できますよ。

・Yahoo!カーナビ

Yahoo!JAPANが提供している、本格カーナビアプリです。

Yahoo!カーナビは、とても多機能。
地図と音声によるナビゲーションはもちろんのこと、渋滞情報やスピードに注意すべき区間の情報まで知らせてくれます。

さらに、ゾーン30の区域や国道の最高速度といった情報も伝えてくれるため、初めて訪れた土地でも安心して運転できますよ。

Yahoo!カーナビの魅力は、これだけではありません。
駐車場の空き情報を検索する機能がついており、「Yahoo!ウォレット」を使った駐車場代の支払いにも対応しています。

Yahoo!ウォレットとは、Yahoo!JAPANのウェブ決済システム。
クレジットカードまたは銀行口座の情報を登録しておくことで、キャッシュレスの決済を行えます。

これだけ便利な機能を利用できるYahoo!カーナビは、なんと無料で利用可能。
ドライブに出かける機会の多い方なら、インストールしておいて損はありません。

・渋滞ナビ

その名のとおり、渋滞情報の表示に特化したアプリケーションです。
JARTICの交通情報やGoogle渋滞情報、アプリ独自のクラウド渋滞情報といった多様なソースを用いて、渋滞情報を伝えてくれます。

ちなみにクラウド渋滞情報とは、渋滞ナビユーザーの走行データを収集して作りあげる渋滞地図です。
リアルなデータを元に作られるため、より精度の高い渋滞情報を得ることができます。
渋滞ナビは、Android版iPhone版ともに無料でインストール可能。
月額324円を支払えば、カーナビ機能も追加できますよ。

・オービス警報

オービスの設置場所やスピード取締まり区間を、画面と音声で警告してくれるアプリケーションです。
バックグラウンドモードを搭載している点が、オービス警報のグッドポイント。

カーナビアプリや地図アプリとの併用が可能となっており、測定ポイントが近づくと、音声とトースト通知で警告してくれます。
ちなみにトースト通知とは、画面に表示される一時的な通知のことです。

さらにオービス警報は、ウィジェット機能にも対応。
待ち受け画面でも警報をチェックできますよ。
オービス警報の通常価格は、600円と少し高額です。

ただし、この記事を執筆している2017年2月12日現在では、キャンペーンによって250円で購入可能となっています。

■日常の運転・車管理に役立つアプリ

続いて、日常の車の運転や、マイカーの管理に役立つアプリをご紹介しましょう。
以下2つのアプリはAndroid版しかリリースされていませんが、どちら高い人気を博しています。

・Drivvo

マイカーの管理に役立つアプリです。
Drivvoには、給油やオイル交換、パーツ交換などの情報を登録可能。
アプリに入力したマイカー維持費に関する情報は、月単位のグラフで確認できます。

また、オイル交換の時期もリマインダーに登録できるので、マイカーのメンテナンス管理にも役立ちますよ。
Drivvoは無料でインストール可能。
大切な愛車の管理に、役立ててみてはいかがでしょうか。

・アウトガード-カムコーダー

お使いのスマホを、ドライブレコーダーとして利用できるアプリです。
衝突や急ブレーキによる衝撃を感知すると、自動で録画がスタート。
事故の直前直後の映像をスマホに保存してくれます。

さらにアウトガード-カムコーダーには、有事の際に連絡する電話番号を登録可能です。
110番や119番を登録しておけば、いざというときに慌てず緊急通報を行えます。

アウトガード-カムコーダーは無料でインストール可能。
ただしご利用の際は、車載用のスマートフォンホルダーを用意してください。
吸盤式の製品なら、窓にスマホを設置できて便利ですよ。

■ちょっとマニアックなアプリ

本記事の最後に、ちょっとマニアックな車用アプリをご紹介しておきましょう。

そのアプリの名はTorque(トルク)。
なんとTorqueは、車のエンジン回転数や車速といったデータをメーター表示してくれるアプリケーションです。

といっても、Torqueのみで車のデータを収集できるわけではありません。
このアプリを利用するには、Bluetooth-OBDが必要となります。

OBDとは、車に備わる事故故障診断システム。
多様な情報が常に記録されており、事故発生時や整備を行う際に役立てられます。
このOBDの情報を外部に送信できる機器が、Bluetooth-OBDというわけです。
Bluetooth-OBDとTorqueをインストールしたスマホを接続すれば、愛車のさまざまな情報をスマホ画面で確認できます。

Torqueでチェックできる情報としてあげられるのは、先にあげたエンジン回転数や車速のほか、水温、油温、電圧など。
このほか、100Km/h加速や燃料圧力、インマニ圧といったマニアックな情報もチェックできます。

一見スポーツカーファン向けのアプリに見えるTorqueですが、燃費運転に役立てることも可能です。
燃費運転に役立つ情報としてあげられるのが、スロットルポジションとエンジン負荷。
これらの情報をアプリに表示し、メーターが安定するように運転すれば燃費が向上します。

TorqueはAndroid版のみがリリースされており、「Lite」であれば無料で利用可能です。
Bluetooth-OBDは、1,300円前後で購入可能。
「ELM327 OBD2」という製品がメジャーです。
安価に使えて、多機能なメーター表示を楽しめるTorque。
興味のある方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

■まとめ

いまやスマートフォンアプリは、カーナビ業界やドライブレコーダー業界を脅かす存在となりつつあります。
とはいえ利用者側としては、高機能な車向けアプリのリリースは大歓迎ですよね。
本記事でご紹介したアプリは、どれもユーザーの評価が高いものばかり。
ぜひ実際にインストールして、カーライフに役立ててみてください。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識