クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

【マツダ編】メカニック・自動車査定士を経て思う自動車メーカー

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

マツダの自動車は、純粋に走ることを楽しめる自動車です。
その最大の輝きが【ロータリーエンジン】です。
通常のレシプロエンジンであれば、各社歴史を代表する素晴らしいエンジンがあります。
トヨタの2TG、ホンダのCVCC、日産のBRなど、まだまだたくさんあります。

それなのに、なぜマツダ車を選ぶのか。
それは、マツダの造る自動車には魅力があるから、そして【一番速い】からです。
速さを考えれば他社にはもっと速度を出すことが可能な自動車がいくらでもあります。

しかし、運転しているあなたに麻薬的な【速度感】をもたらしてくれる自動車は、マツダ車以外にありません。
どんな自動車にもそれぞれの速さがありますが、マツダ車が持つ速さはあなたにスピードを求めてくるような攻撃性があります。
それに応えてあなたがアクセルを踏み込むのであれば、マツダ車はどこまでもあなたに従順にいてくれるでしょう。

1.見たものの心を鷲掴みにするマツダ

マツダ車の多くの車種のシルエットには、若者のニーズに合うラインナップが用意されています。
そのため、気持ちが若いユーザーの心を鷲掴みにしていきます。
最近では、海外勢的なシルエットを採用しているため、若者だけでなく幅広い年齢層に支持を受けています。

何よりマツダ車が得意としているのが【他社とのコラボレーション】です。
全く同じ自動車でありながら、カラーリングや名前をマツダ仕様にして販売しています。
これによって、自動車の年間発表数を増やすことができ、販売台数成績にも直結する素晴らしいジョイントベンチャーです。

全自動車メーカーとのコラボレーションが適っているわけではありませんが、それでも他社の技術だけではなく商品である自動車を公明正大に取り扱えるということは、どの自動車メーカーとも違う新たな手法です。
唯一日本国内で同じような手法を取り、さらに自社専用の取り扱いのように自動車販売しているのが【ミツオカ自動車】です。
マツダと違うのは、自社ブランドの外装を使用することです。
例えば、マツダ車である【ユーノスロードスター】のエンジンや駆動機関を使用していながら、【ロータス・セブン】に模した外装を使用した自動車などを造っています。

マツダ車のレシプロエンジンもすごく良いものです。
進化を求める他社のものと比べ、マツダの造るレシプロエンジンは【現状のエンジンを現代的】に変えていくだけなのです。

進化を求める他社に比べ、マツダのとっている方法は【進歩】です。
進歩ということは、ユーザーからしてみればとてもありがたい歩み方をしているというのがお分かりになるでしょうか。
【進化】というのは、今までの流れから違う流れに変化していくことです。

しかし【進歩】というのは、今までの流れをさらに前に進んで行くことを言います。
つまり、慣れ親しんだエンジンがさらに良いエンジンになっているとダイレクトに感じ取ることが出来る造り方をしているということになります。
これは、マツダが意図して遂行していることなのかは分かりません。
しかし、事実マツダのたどっている自動車の流れは、他社とは違う中にあります。

2.いつでもスポーティーなマツダ

マツダ車=ロータリーエンジン車のようなイメージがあります。
それほどまでにロータリーエンジンというのは、人々の中に爆発的な衝撃を与えたのです。
コスモスポーツをはじめ、ファミリアクーペ・ルーチェクーペ・サバンナ・カペラ・FC3S・FD3S・SE3Pとつながってきたマツダのロータリーエンジンですが、レシプロエンジンともディーゼルエンジンとも違い【後発の特殊部品がほとんど無い】エンジンなのです。
つまりは、マツダが完成形にしてから50年以上も原型を保っている唯一のエンジンなのです。
ようやく最近になってアペックスシールの強化部品が出た程度で、軽量ローターも強化エキセントリックシャフトもありません。
ローターの数で、馬力や排気量が変わる単純なエンジンです。
そんなエンジンをメインスポーツタイプ車に使うのは、マツダにしかできない根拠があります。

レシプロエンジンは、ピストンの上下運動をクランクシャフトの回転運動に変換することで、自動車の動力として使える力にしています。
しかしロータリーエンジンは、回転するローターが生み出す力がそのまま自動車の動力になるのです。
そのダイレクトな動力伝達があるからこそ、マツダの自動車はどの自動車に比べてもスポーティーに造られているのです。

外車のような外観を採用するようになってからは、マツダ車のスポーティーさは増しています。
乗用車に【乗る楽しみ】と【観る楽しみ】の両方をあなたに届けてくれています。

3.マツダ車のメリット

マツダ車のメリットはなんと言っても【あなたをやる気にさせてくれる走り】です。
私個人がFD3Sを手掛けていた時【こんなにも走ることに従順な自動車は他にない】と感じたほどです。
他にもアテンザスポーツやユーノスロードスター、軽自動車のキャロルでさえ運転することに心躍らさせてくれます。
運転を楽しみたいあなたにはマツダ車をオススメします。

4.マツダ車のデメリット

マツダ車は他社の自動車に比べると安い部類の自動車です。
そのため、若干造りにムラがあったり、甘さが見え隠れしています。

しかし、その甘さがあなたに走る楽しさを与えてくれているのは紛れもない事実です。
危なっかしい自動車ほど楽しみを感じます。

もっとも、それではデメリットとは言えません。
マツダの持つ特有なデメリット。

それは【売却価格の安さ】です。

決して頑丈であったり緻密な造りをされているわけではないマツダ車は、乗り継いでいけるような自動車ではありません。
中古車市場で平然と取り引きされて良い自動車ではないのです。
しかし、あなたがワンオーナーとして乗り続けるのであれば、これほどまでに夢中になれる自動車は他にないでしょう。

5.まとめ いつだって走ることに真面目なマツダは廃れない

本当に走ることを楽しみたいのであれば、私はあなたにマツダ車をオススメします。
10本走って10本同じラインをなぞれる自動車ではありません。
320km/hで走り続けられるボディー剛性もありません。

それでも、マツダ車には光るものが必ずあります。
廃れない熱さがいつまでもマツダ車を魅力的に語りかけてきます。
自動車として考えれば、マツダ車はヤワです。

しかし、どこの自動車と比べても飽きないのがマツダ車です。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識