クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

絶滅したはずの直6エンジンが復活する可能性とモジュラーエンジンの関係

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

以前から直列6気筒エンジンが絶滅寸前だと言われて続けきました。
現在、自動車メーカーで直列6気筒エンジンを生産しているのはドイツのBMWだけとなってしまいました。

しかし、直列6気筒エンジン復活の兆しが、近年のダウンサイジングターボなどの高効率なエンジンを作るための技術のなかにあるといいます。

■かつて直列6気筒エンジンはあこがれだった

かつて、直列6気筒エンジンは高級車の証として多くのメーカーが製造していました。
たとえば日産のRBエンジンはスカイラインGT-Rで有名ですし、トヨタのJZエンジンは、マークⅡ、クラウン、スープラなどに採用されました。

輸入車メーカーでは、言わずと知れたBMW以外にもメルセデス・ベンツ、ボルボなど多くのメーカーが直列6気筒エンジンを製造していました。

■直列6気筒エンジンは完全バランスエンジン

直列6気筒エンジンとV型12気筒エンジンは完全バランスエンジンと言われます。
このエンジンの一番大きなメリットは、エンジン回転が非常になめらかで、シルキー6などと呼ばれることがあるほどです。

それは、ガソリンが燃焼室で点火されると爆発が起きますが、それによって振動が発生します。
しかし、直列6気筒エンジンは、その構造上6つのシリンダーの爆発が、振動をお互いに打ち消し合い、非常に振動が少ないのです。
4気筒エンジンなどでは、振動を消す為にバランサーシャフトという重りの様なものを使ったりしますが、直列6気筒エンジンにそんなものは必要ないのです。

そのため、直列6気筒エンジンは高級車に採用されるエンジンとしていろいろなメーカーが製造していました。

しかし、直列6気筒エンジンは構造が複雑で、シリンダーが6つ縦に並ぶ構造のため、どうしてもエンジンが長くなるために、クラッシャブルゾーンを設定しにくく、エンジンサイズが問題で、横置きFF車に直列6気筒エンジンを利用することが難しいなどの問題があります。

そのため、コンパクトで制約が少ないV型6気筒エンジンに取って代わられることが多くなってしまいました。
そして、今ではBMWしか直列6気筒エンジンを採用するメーカーが残っていないという状況になってしまったのです。

■ダウンサイジングターボの流れでエンジンが小型化

欧州でおよそ10年前から流行のダウンサイジングターボのブームは、この流れをさらに加速させました。
ダウンサイジングによって、これまで6気筒の自然吸気エンジンが搭載されていたところを4気筒のターボエンジンに変更するメーカーも多くあらわれました。

それはBMWも例外ではなく、それまで直列6気筒エンジン2リッターエンジンを搭載していた320や2.5リッターエンジンを搭載した325、525といった車種は4気筒のターボエンジンに置き換えられました。

ボルボなどはラインナップの全てのエンジンを過給器付きの4気筒エンジンにすると宣言しているほどです。

■エンジン製造も効率的に…モジュラーエンジンとは?

モジュラーエンジンとは、エンジンを生産する際に効率的にエンジンを生産するための手法です。

それまでは、エンジンのタイプや排気量別にエンジンを設計、生産してきました。
例えば、4気筒1.8リッター、2リッター、6気筒2リッター、2.5リッター、3リッターというように都度エンジンを設計してそれぞれに専用の部品を使って生産してきました。

それを覆したのがモジュラーエンジンというエンジンの生産方法です。
この手法では、シリンダーあたりの容量を一番効率のよい燃焼が可能と言われる500ccに固定します。
そして、必要な排気量によってシリンダー数を追加するという方法です。

わかりにくいのかもしれないので具体的に説明すると、シリンダー数が3の3気筒なら500ccが3つで1500cc、4気筒ならば2000cc、6気筒なら3000ccと言う具合です。
そこに必要に応じてターボやスーパーチャージャーといった過給器を追加することによって、出力を自由に調整することができるのです。

モジュラーエンジンを採用しているメーカーはBMWやMINI、VOLVOなどです。

■メルセデス・ベンツが直列6気筒エンジンを復活させる

メルセデス・ベンツは1990年代後半以降、直列6気筒エンジンからV型6気筒エンジンへの置き換えを進めていましたが、2017年に発売する新型車に直列6気筒エンジンを復活させると発表しました。

新型の直列6気筒エンジンは、欧州メーカーが共同ですすめる48V電源を利用したマイルドハイブリッドシステムを搭載しています。
この新型エンジンはモジュラーエンジンであるとみられていて、4気筒バージョンや3気筒バージョンをCクラス、Bクラス、Aクラスなどに展開するとみられています。

■まとめ

直列6気筒エンジンの復活はモジュラーエンジンというエンジンの生産性向上の手法を採用するということが大きな要因ですが、完全バランスの直列6気筒エンジンが多くのメーカーで復活するのは嬉しいことです。

トヨタがスープラを復活させる予定ですが、BMW製直列6気筒エンジンが搭載されるかもしれません。

メルセデス・ベンツ以外にもボルボも、もしかしたら将来的に6気筒エンジンを復活させてくるかもしれませんね。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識