クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

将来はなくなるの?車のキーの今と未来について[スマートキー]

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

車のキーといえば、私が初めて車を購入した1990年代には、一般的な外側にギザギザのついた鍵を使用していました。

しかし、最近ではどんどん車の鍵が進化してます。今後車の鍵はどのような形になってくのでしょうか。

■車のキー(鍵)の変遷

車の鍵といえば20年ほど前には、プラスチックのキーヘッドではなく、鉄製の普通の鍵の形をしているものが一般的でした。

それが、2000年ごろからイモビライザーが普及し始め、電子チップを内蔵した車のキーが一般的になると同時に、車のキーにキーレスエントリーシステムを搭載することが一般的になりました。

そして、現在ではスマートキーと呼ばれる、車のキーを持っていれば鍵と鍵穴を使うことなくドアロックもエンジンの始動までできてしまうキーが一般的になっています。

■キーレスエントリーとイモビライザー

1990年代からヨーロッパでは、車の鍵にICチップを内蔵し、ICチップから発せられる固有のID番号と、車のコンピューターが記憶している正しい鍵のIDが一致した時だけエンジンが始動できる「イモビライザー」という装置を盗難防止のために車に装着することが義務付けられました。

日本では、そのような義務付けはありませんでしたが、2000年以降、国産車でも「イモビライザー」を搭載する車が増えてきました。
それと同時期にキーレスエントリーシステムという、ドアロックの施錠、開錠をキーヘッドに付いたリモコンボタンで操作できるというキーが普及し始めました。

しかし、このキーレスエントリーやイモビライザーが導入された車のキーはキーヘッドの部分がプラスチック製になり、それまで高級車などでは車種ごとに凝ったキーヘッドだったのが、画一的なデザインのメーカー共通のプラスチック製のキーヘッドに変わってしまったことを残念に思う人も多かったようです。

■最近流行のスマートキーってどんなもの?

最近採用が増えてきたスマートキーと呼ばれるキーとはどんなものでしょうか。

スマートキーは、キーレスエントリーのキーをさらに進化させたもので、車の鍵をポケットやカバンに持っているだけで、車のドアロックの施錠と開錠を行うことができ、(ロックやロック解除の操作はドアハンドルで行うことが多い)、車のエンジンの始動までスマートキーを所持していればスタート・ストップボタンで行うことができるようになっています。

スマートキーの普及によって、一部のメーカーでは車のドアから鍵穴を見えなくしたメーカーもあるほどです。(実際は緊急用に、スマートキーにも普通の物理的な鍵もついていますし、車のドアにも鍵穴はつけられています)

では、スマートキーを車内に置きっぱなしにしたままでドアロックをしてしまったりしないのでしょうか。
スマートキーはその点もよく考えられていて、鍵が車の中にあるか、外にあるかを車が判別していて、車の鍵が車内に置きっ放しになっている場合には、ドアを施錠しようとしても施錠されないような仕組みになっています。

一方でスマートキーは鍵自体から電波を発しているために、鍵の電池がなくなってしまった場合には、ドアロックの解除もエンジンの始動もできなくなってしまうので注意が必要です。

こんな便利なスマートキーですが、その存在を不便だと思う人たちもいます。
それは、サーフィンなどのマリンスポーツを愛好する人たちです。
スマートキーはもちろん水につけると壊れてしまいますので、濡れない場所に保管しておくのが大前提ですが、ロッカーなどがない浜辺などでは鍵をどこに保管するかで困ることがあるそうです。

なんと、最新のレンジローバーには、腕時計のようなリストバンド型で防水のスマートキーが採用され、車でアクティングに活動するユーザの支持を集めそうです。

■これからのキーはどうなっていく

これからの自動車のキーはどうなっていくのでしょうか。
筆者は車のキーは二極化していくのではないかと考えています。

まず一つの方向性は、キーの高性能化・スマホ化です。
最新のBMWやメルセデスベンツの高級車では、車のキーを使って車の外から車を車庫入れしたり、車庫から出したりするコントロールが可能なスマートキーが採用されています。
このタイプのキーは現在のスマートキーよりもさらに大型化され、タッチセンサー付きのスマートフォンのような形状のものが出てきています。

もう一つの方向性は、車のキー自体がなくなるというものです。
車のキーはスマートキーによって、もはや操作の必要がなく、持っているだけで鍵としての役割を果たします。
では、それが本当に鍵である必要あるのかということです。

たとえば、現代では誰もが持っているスマートフォンをキーとして使うということもできるでしょうし、もっと進めるとスマートフォンの様に指紋認証や車が搭載しているカメラを使った顔認証なども実現できるはずです。

■まとめ

最近では、自動車といえば自動運転がなにかと取りざたされますが、それ以外の部分でも自動車のパーツは進化し続けています。
車のキーは一見すると地味な存在ですが、そんなパーツですらここ20年でこれだけ進化しているのですから、今後さらに自動車が進化するとどの様に便利になるのかが楽しみですね。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識