クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

ちょっと待って‼︎ その「オートマオイル(ATF)交換」、本当に必要ですか⁉︎

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

自動車の寿命に密接な関係性を持っているのがオイル管理です。

エンジンオイル・ブレーキフルード・パワステフルード・ミッションオイル・デフオイルと、ザッと挙げるだけでもこれだけあります。

常に新しい綺麗なオイルが循環していれば、トラブルフリーで快適なドライブを楽しめるのですが、それはなかなか難しいのが現実です。

そのために、定期的なメンテナンスとして車検があり、あなた自身の日常的なメンテナンスが必要になるのです。

さて、そんな自動車にとって重要なオイル管理ではありますが、1つだけ例外になるものがあります。

オートマチックトランスミッションフルード、通称ATFです。

今回は、いつどんなタイミングであっても、ATFを新しいものに入れ替えれば良いというわけではないということをお伝えしたいと思います。

1.ATFってなんのために必要なの?

ATFを語る前に、まずはマニュアルトランスミッションに使用するミッションオイルとの違いをお伝えしたいと思います。

ミッションオイルの主な働きは潤滑です。
ギヤの焼き付きを防止するのが役目です。

しかし、ATFはそれだけではありません。

ATFはオートマチックトランスミッションを動かすための作動油としての役割を併せ持っています。

有段変速の場合、シフトポジションに応じて、速度・エンジン回転数に応じてギヤを動かすことに使われています。

無段変速の場合も、シフトポジションに応じてギヤを動かすので作動油としての役割を持っています。

また、マニュアルトランスミッションと違い、オートマチックトランスミッションはミッションケースの中にギヤと一緒にクラッチが収められています。

そのクラッチの冷却のためにも充てがわれています。

2.ATFを入れ替えするタイミングって?

ATFの入れ替えタイミングは、自動車メーカーによって違います。

2〜3万kmでの入れ替えを推奨するメーカーもあれば、10万kmでの入れ替えを推奨、はたまたメンテナンスフリーを掲げているメーカーすらあります。

およそ車検毎の推奨とメンテナンスフリーでは大きく内容が異なっていますので、正直何を信じれば良いのか分からなくなってしまいます。

新車状態で乗り始めた場合、私が推奨するのは車検毎の入れ替えです。

有段変速の場合は、コンピューター制御により細かな変速が行われるので間違いなく車検毎に入れ替えるべきでしょう。
無段変速の場合、シフトショックが起きづらくATFの劣化を察知しづらいので、同様に車検毎に入れ替えておいた方がトラブルを起こさずにドライブを楽しめます。

中古車状態での乗り始めの場合は注意が必要です。

歴代のオーナーがどのようなメンテナンスをしてきたかという部分に着目しましょう。

初年度登録5年以内の場合、前オーナーまでにATFの入れ替えをしていないのであれば乗り出し時に一度入れ替えてしまった方が安心です。

初年度登録5年以上10年未満の場合、一度でもATFの入れ替えを行なっている自動車であれば、メンテナンスノートに記載されている走行距離から入れ替えの判断をします。

5万kmまでの範囲であれば乗り出し時の入れ替え、それ以上であれば手をつけない方が無難です。

これは初年度登録10年以上前の自動車であっても同じです。

3.なぜATFの入れ替えをしない方が良い場合があるの?

それは、オートマチックトランスミッションのクラッチに起因します。

オートマチックトランスミッションのクラッチは、いわばオイル漬けの状態です。

ATFの劣化をダイレクトに受けてしまうということがお分かりでしょうか。

オートマチックトランスミッションの中で消耗品といえるのはクラッチだけです。
しかし、完全に分解しないと交換すらできません。
マニュアル車のクラッチとはわけが違います。

ATFが劣化して1番大きな変化というのが粘度です。
どんどん柔らかくなり抵抗値が少なくなっていきます。

そんなATFに漬け込まれ、パーツとしてはヌルい環境下で使用されていると、たとえパーツといえども怠けていきます。

その結果、新しく粘度の高い状態のATFに漬け込まれた時、長年怠けてしまったクラッチはATFの粘度による抵抗に耐えきれず剥離してしまうのです。

クラッチの摩耗材を接着している力が弱まってしまうのもATFの劣化による弊害です。

ここまで劣化してしまうまでには、およそ10年という長い時間が必要となりますが、年間1万kmの走行を予想しておくとちょうど10万kmです。

10万kmを入れ替え推奨距離としているメーカーの場合、ATF交換後に何一つトラブルが起きないとは私はいえません

そこまで走行距離を延ばしてしまった場合、トランスミッションのアッセンブリー交換をするか、そのまま乗り続けることをオススメ致します。

4.そのまま乗り続けても問題ないの?

ATFの劣化が止まるわけではないので、トラブルが起きないというわけではありません。

ただ、今すぐ壊れてしまうという要因から離れるための一時しのぎにはなります。

最終的にはトランスミッションアッセンブリー交換が必要となる状態ですので、できるだけ早く交換したいところです。

既に新規のトランスミッションが存在しない場合、分解してパーツ交換することは可能ですが、その際にかかるコストは覚悟する必要があるでしょう。

一例にはなりますが、私が作業する場合、分解整備だけで20万円は工賃として最低でも必要となります。
必要パーツ代金は別ですし、組み付け工賃はまた別に15万円程度は必要でしょう。

しかも、コレはかなりリーズナブルな価格になります。

トランスミッションの脱着は「重整備」という部類で、原則的に1人で行ってはならない作業になります。

人員を必要とする作業は、最低人数分の工賃が必要になるためコストがかかるのは仕方がないことなのです。

また、一度開いてみないと交換を必要としているパーツの特定もできないため、作業日数も必要となります。

なかなか簡単なものではないということをご理解いただきたいと思います。

5.まとめ ATFの交換は早めが吉 遅くなればやめておこう

オートマチックトランスミッションには、マニュアルトランスミッションと違う特性があるということを知っていただけたでしょうか。

また、早めにATFの交換ができなければ致命的なダメージを負うことも知っていただけたかと思います。

オートマチックトランスミッションは、決してメンテナンスフリーなパーツではありません。

エンジンほどの発熱があるわけではありませんが、確実にATFの劣化は進んでいくのです。

あなたの大切な自動車の主要パーツです。
オイル交換で済むのか、アッセンブリー交換になるのかは、あなたの判断一つにかかっています。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識