クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

車は値引きが大きいほどお得?値引きにこだわる危険性とデメリット

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

ネットや雑誌では、車を少しでも安く購入するためのテクニックなどがたくさん載っています。
そういった情報が増えたこともあってか、車の購入を検討する上で、どれぐらい値引きをしてもらえるかを重視している人は多いのではないでしょうか?

たくさんの値引きをしてもらえれば嬉しいのはもちろんですが、あまりに値引きにこだわり過ぎるのも実は良くありません。

今回は、値引きが行われる裏側を見ていきながら、値引きにこだわることのデメリットについて考えていきたいと思います。

競合車種を値引き額の大きさだけで判断していない?

競合の車種がある場合、それぞれの値引き額を判断の材料にしているという人は多いと思います。
例えば、300万円から50万円の値引きをしてもらえる車と、260万円から10万円の値引きしてもらえる車だと、あなたならどちらの車を選びますか?

どちらもあなたが支払う金額は250万円と同じです。
支払う金額が同じであれば、より多くの値引きをしてくれた方を選ぶという人が多いのではないでしょうか?

元々の値段が高い車の方が価値が高いように感じるかもしれませんが、実は必ずしもそうとは限りません。
もしかすると、元が300万円の車よりも、元が260万円の車の方を選んだほうがあなたにとって良い選択だという可能性もあります。

なぜ値引き額に違いがでるの?

メーカーや車種が違うだけで、なぜこんなにも値引き額が変わってしまうのか疑問に思ったことはありませんか?

ディーラーは販売台数を増やすことを目指していますが、会社として利益も出さなければいけません。
ディーラーというのは、メーカーの代理販売店というわけではないので、車を売る場合、その車をメーカーから仕入れてから顧客に売っています。

一度車を仕入れるために、メーカーにお金を払っているので、利益を出すためには仕入れ値よりも高い値段で売らなければいけません。

そのため、基本的には赤字になるような値引きは行いません。
人件費や会社を運営するためのコストもあるので、最低限の利益を出せる値段が値引きの限度額として設定されていることがほとんどです。

しかし、元々の販売価格から赤字になるまでの金額の幅は、車種によってかなりバラつきがあります。
この幅が大きい車種ほど、値引きをしてもらえる可能性が増えていきます。

特に高級車はその幅が大きい傾向にあり、軽自動車やコンパクトカーのように低価格を売りにしている車種ほど幅が狭いケースが多いです。

他にもモデルチェンジをしかしたばかりの車種であれば、開発にコストがかかっている分、従来のモデルよりも値引きできる幅が少なくなっていることもあります。

元々の販売価格は様々な要因によって決められているので、必ずしも値段が高い車が、その分性能が良いとは限りません
たくさん値引きしてもらえる車は、逆に言えば、元々高めの値段設定がされていた可能性があると言えます。

値引き額に交渉力は関係ない?

ネットや雑誌には値引きを引き出すためのテクニックがたくさん載っています。
中には、50万円以上の高額な値引きに成功した例なども見かけます。
そういった高額な値引きが実際に行われることがあるのかというと、稀な例ではありますが、そのような値引きが行われることもあります。

しかし、そのような高額な値引きは、実は顧客の交渉が上手かったから実現しているわけでありません
ノルマを達成するために赤字でも車を売る必要があるなど、特別な事情でそのような値引きをしてもらえることがあるだけで、基本的には顧客からの働きかけでどうにかなるものではないのです。

そういった場面に、偶然出会えれば良いですが、狙ってできるものでもありません。
高額な値引きは、くじ引きに当たるようなものなので、そこを目標に交渉をしても成功しない確率が高いです。
それどころか、営業マンに面倒な客だと思われてしまうと、良い対応を受けられないこともあります。

値引きにこだわるデメリットとは?

お得になるに越したことはないかもしれませんが、そのために値引きにこだわり過ぎると、かえってデメリットが出てきてしまうことがあります。
値引きにこだわることのデメリットは主に次の3つです。

1.自分に合った車かどうかの判断を鈍らせてしまう

冒頭の例を思い出してみてください。
どちらも支払う金額が同じであれば、より値引きしてもらえる車を選んでしまう人が多いと思います。

元々の値段が高い車の方が価値が高いように感じて、そちらを選ばないと損をしてしまうのではないかという気持ちになってしまうからです。
同じ金額を支払うなら、どちらの車がより自分に合っているかで判断するべきなのですが、その判断を値引き額によって鈍らせてしまいます。

2.不要な装備が増えているかも

値引きの交渉していると「こちらのオプションをサービスで付けさせていただきます」といったセリフが営業マンから出てくることがあります。
例えば2万円の装備であれば、2万円の値引きをしてもらえたことと同じだと思うかもしれません。

しかし、そのオプションが元々必要のない装備だったのであれば、あなたにとってお得になったとは言えないでしょう。
頑張って値引きをしてもらっているように見えて、実は自分に不要やオプションが増えていっているだけかもしれません。

3.営業マンを敵にまわす

値引きにこだわり過ぎると、担当の営業マンを敵にまわすことがあります。
営業マンには売りたい気持ちがある反面で、面倒な顧客に長く時間をとられたくないという気持ちもあります。

営業マンを敵にまわしてしまうと、あなたにとって有益な情報やアドバイスが得られなくなってしまうかもしれません。
そうなってしまうと、自分に合った車を探す上で大きなマイナスになってしまいます。

大事なのはアナタに合った車を見つけること

車を購入する上で最も大事なことは、自分に合った車を見つけることです。
値引きにこだわり過ぎると、本当に自分に合った車を見逃してしまうかもしれません。

値引きをたくさんしてもらえるとお得な買い物をした気になると思います。
しかし、本当の意味でお得な買い物だったかは、値引きをどれだけしてもらえたかでは分かりません。

それよりも、長い目で自分に合った車を購入する方がよほどお得な買い物だと言えるのではないでしょうか?

車を少しでもお得に買うための工夫が悪いわけではありませんが、そのせいで自分に合っていない車を買ってしまっては本末転倒です。
まずは自分に合った車を検討した上で、それでも予算が合わない場合に値引きを交渉するようにすると良いでしょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識