クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

【事故記録】ドライブレコーダー選びのポイントとは?【駐車監視】

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

ドライブレコーダー選びのポイントをお教えします。

このサイトをご覧の方でドライブレコーダーを知らない方はいらっしゃらないでしょう。
いざ、自動車の事故が発生してしまった場合、当事者同士の意見が食い違うのはよくある話です。

そんなときにドライブレコーダーがあれば、客観的事実としてお互いの行動を見直すこともできます。

また、最近では自動車の運転に関わるトラブルに巻き込まれた時に、その記録を残しておく用途や、事故現場に偶然居合わせた車のドライブレコーダーの映像が事件解決の糸口になったりしています。

でも、いざドライブレコーダーを取り付けようと思って自動車用品店やインターネットのECサイトを覗いてみると、さまざまなメーカーからいろいろなドライブレコーダーが発売されているので、どれを選べばいいか悩まれている方も多いのではないでしょうか。

そんな読者のみなさんに、ドライブレコーダー選びのポイントをご説明しようと思います。

■ドライブレコーダーの画質について知っておくべきこと

ドライブレコーダーはカメラなのでなんといっても画質が重要です。
でも、一言に画質といってもいろいろなポイントがあるんです。

解像度について

ドライブレコーダーのパッケージやカタログ、サイトを見ると「FullHD」や「HD」「VGA」などという表記が目にとまると思います。

この「FullHD」や「HD」「VGA」というのは、動画の解像度のことを示しています。
解像度とは、画像の大きさ(ピクセル数)のことで、レンズやセンサーの性能にも左右されるのですが、解像度が高い(=ピクセル数が多い)ほど高詳細な映像が記録できるということになります。

静止画のサイズでいうと、たとえば、FullHDが1920x1080ピクセル、HDが1280x720ピクセル、VGAが640x480ピクセルになります。

最近ではドライブレコーダーの画像からナンバーが読み取れるかが選択基準になったりしますが、さすがに解像度の低いVGAサイズの画質ではナンバーの読み取りはほぼ不可能です。

ナンバーまで読み取りたいというのであれば、HDやFullHDといった画質の機種を選択するのが良いでしょう。
画像解像度が画像サイズで表記されておらず、画素数で表示されている場合には、200万画素以上の機種を選択しましょう。

最近ではFullHDを超えた解像度の2560x1440といった解像度のモデルも販売されていますが、解像度が高いほど動画の容量も増えることには注意が必要です。

フレームレート

フレームレートとは、1秒間に撮影される画像の枚数です。動画の原理は多くの写真を1秒間にたくさん撮影し、それを連続して再生することによって動画として表示される仕組みです。

この、「1秒間に何枚撮影して動画にしているか」の指標がフレームレートです。フレームレートはFPSという単位で表示されています。
FPSの数値が多いほど滑らかな動画になるということになります。
FPSは多ければ多いほど良いのですが、そのぶん動画の容量も大きくなってしまいますので、通常は24から30FPS以上のドライブレコーダーを選びたいものです。

LED信号対応

最近増えてきたLED信号機は、人間の目には点灯しているように見えますが、実際にはものすごい短い間隔で点灯と消灯を繰り返しています。
しかも、この周期は供給される電力の周波数の違いのせいで西日本と東日本で異なっています。

LED信号に対応していないドライブレコーダーの場合、カメラの撮影周期とLEDの消灯のタイミングがぴったりあってしまうと、ドライブレコーダーの動画には、信号が消えているよう記録される場合があるのです。

信号の状態を記録できないとドライブレコーダーの効果も半減なので、ここはきちんとLED信号対応モデルを選びたいものです。

画角

画角とは、カメラが映す事のできる範囲のことです。
通常、ドライブレコーダーは車のフロントウィンドウ上部に取り付けます。
そうした場合、車の前方を広く映し出すためには広い角度が撮影できるカメラで動画を撮る必要があります。

この画角の角度が大きければ大きいほど広い範囲を写すことができます。
最近販売された機種では、カメラ1台で360度撮影可能なドライブレコーダーもあります。
360度全体を録画できるのですが、設置場所が難しいのと、運転者や同乗者の顔まで写ってしまうのが嫌な(困る)人には向いていないかもしれません。

レンズの明るさ

車を昼間しか乗らない人はいないはずです。
車は夜も走るものですが、カメラは暗い場所での撮影が苦手なんです。
暗い場所の撮影で電気的に感度を上げると画像にノイズが入って見えにくくなるのはデジカメもドライブレコーダーも同じです。

夜間でもできるだけ画像をクリアに撮影するためにはレンズの明るさをチェックしましょう。
カメラのレンズはF(値)で表示されていて、数値が小さいほど明るいレンズということがわかります。

HDRとWDR

HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)やWDR(ワイド・ダイナミック・レンジ)と呼ばれる機能は、明るい場所と暗い場所を同時に撮影できる機能です。

カメラは人間の目のように高性能ではないため、限られた明るさの範囲しかうまく撮影することができません。

たとえば、日なたと日かげが同時にあるような場合、カメラの明るさを日かげに合わせると、日なたの部分が真っ白に飛んでしまいますし、日なたに合わせると日かげが真っ黒で何も見えなくなってしまいます。

しかし、HDRやWDRといった機能を搭載している機種では、明るい場所に合わせた明るさの画像と暗い場所に合わせた明るさの画像を1つずつ撮影し、それを1つ合成することによって明るい場所と暗い場所の白飛びや暗くな何も見えない状態を回避できるようにしたものなのです。

■あると便利な機能

ドライブレコーダーの中には、あると便利な機能を搭載しているものもあります。

GPS受信機能

この機能は、ドライブレコーダーが撮影場所の位置情報をGPSから取得して動画に記録するものです。
撮影したGPSデータ付きの動画は専用のビューアーを使用することによって、どこを走ったかときの動画なのかがわかるようになるのです。

GPSの位置情報があると、動画が撮影された場所が特定できるので、何かあった時に記録ができます。
また、ドライブの記録としてドライブレコーダーの動画を後からみかえすといった使い方についてもGPSの位置情報があると便利です。

駐車監視機能

車で出かけて、車から離れている間に車上荒らしにあったり、当て逃げをされたりするリスクがあります。
そんなリスクに対応するのが駐車監視機能です。

この機能がある機種は、エンジン停止後バッテリーによって一定時間ドライブレコーダーによる録画を行うことができる機能です。
バッテリーは、本体に内蔵しているものや、外部バッテリーを設置して使用するもの、車の常時電源を使用するものなどがあります。

運転支援機構

ドライブレコーダーによっては、カメラ機能をつかって前の車が発進したことを教えてくれる機能や、車線逸脱警報装置をもったものもあります。
いずれも簡易的機能なので、スバルのアイサイトのような優秀な機能ではありませんが、そのような安全装備が取り付けできない車には一石二鳥となるかもしれません。

■ドライブレコーダー本体のサイズ

ドライブレコーダーの本体の大きさも気になるポイントです。
本体が大きい機種は液晶モニターを装備していて、取り付け時のチェックや動画の簡易再生などができますが、そのぶん大きいので、運転者の視界にドライブレコーダーが入ってしまうかもしれません。

小型の機種は液晶モニターがないぶんスッキリしていますが、取り付け時の画像の確認などが面倒な場合があります。

■まとめ

このように、ドライブレコーダーには考慮するべき多くのポイントがあるります。
何を重視するかによって、どのドライブレコーダーにすれば良いか絞ることができるはずです。
この記事がみなさんのドライブレコーダー選びの参考になればとてもうれしいです。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識