クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

マフラー交換が及ぼす自動車への影響 〜安易な改造にひそむ落とし穴〜

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

自動車のカスタムのド定番といえばマフラー交換です。
これを交換しないでカスタムは語れません。

しかし、そもそもマフラーってどんな役割があるのか考えたことがありますか?
装着されているのがあまりにも当たり前すぎて、深く考えたこともない方も多いでしょう。

そこで、今回はマフラーの必要性と素材による違いを基本から見直してみたいと思います。

純正と社外パーツにどのような違いがあるのでしょうか。

1.マフラーの必要性

早速ですが、マフラーの必要性についてご説明致します。

マフラーというのは【エキゾーストマニホールド】【フロントパイプ】【センターパイプ】【触媒コンバーター】【リアピース】の大きく分けて5つのパーツから構成されています。

車種によっては、センターパイプが無いものもあるので主要パーツであると理解しておきましょう。

マフラーは、エンジンで発生した排気ガスを排出するためのパーツであると同時に、他にも2つの大切な役割を持っています。

まずは排気抵抗を作るという役目です。

できる限りスムーズな排気ができることが自動車のためなのではないかと感じますが、実は抵抗があることで排気の流速に勢いをつけることができるのです。

水道につけたホースを思い浮かべてみてください。
素直に水を流すよりも、先端を潰してやる方が勢いよく水が流れるのを感じるはずです。

この排気抵抗が、エンジンのトルクを生み出す大きな要因になっているのです。

マフラーを外してしまったり、必要な排気抵抗を得られないようなマフラーを装着していると、やたらと排気音の大きな騒音車となり、トルク不足でまともに走行できない自動車となってしまうのです。

次に、マフラーに装着されている触媒コンバーターによる排気ガスの清浄化です。

これは環境問題にも直結する大切な役割です。

高温の排気ガスが触媒コンバーターを通過する際に、白金やセラミックといった触媒コンバーターの素材が反応し、排気ガスに含まれる有害物質を分解することができます。

このように、自動車とマフラーは切っても切れない密接した関係性があるのです。

2.マフラー交換の及ぼす自動車への影響

さぁ、マフラー交換に向けてパーツショップへ!!
と勢い勇む前に、マフラー交換をするとどんな効果が生まれるのかを知っておきましょう。

社外パーツのマフラーのほとんどが、純正マフラーよりもパイプ口径が大きく設定されています。
エンジンで発生した排気ガスを、滞りなく効率的に排出できるようにという理念から様々なメーカーが開発を試みています。

あなたの自動車の状況にピタッとはまった時、最大限の威力を発揮することができます。
しかし、多くの場合100%ピタッとはまるということはありません。
これを100%に近付けるためには、マフラーだけではなくあらゆるセッティングを見直していく必要があるのです。

例えば、吸気系と排気系は両方セットでカスタムしていく必要があります。
どちらか片方だけカスタムしてしまうと、必ずどこかにストレスがかかってきてしまい最適な燃焼サイクルを乱す結果となってしまいます。

吸気系とエンジンの出力に対し、マフラーのスペックが高すぎてもいけません。

前の項でも少し触れましたが、排気抵抗というものがなければ自動車にはトルクが足りなくなり走行することが困難になります。
スペックの高いマフラーというのは、一度に排出することができる排気ガスのキャパシティーが大きく設定されています。

しかし、エンジンで発生する排気ガスの量自体がそのキャパシティーを大きく下回ってしまう場合、流速が緩やかになってしまいせっかくのハイスペックも宝の持ち腐れとなってしまうのです。

マフラーを交換する場合、それに付随するパーツのカスタムをしなければならないことを忘れないようにしましょう。

3.マフラーの素材による違い

マフラーの素材には、大きく自動車に影響を与えるポイントがいくつかあります。

1つ目は重さです。
純正のマフラーは鉄製ですが、社外パーツはステンレスやチタンといった軽量素材を使用しています。
ボディーの下の方に付いているパーツなので、軽くなるのは自動車にとって良いものとなります。

2つ目は音量です。
パイプ口径が太くなる分、反響が強くなります。
さらに、軽量化するために薄く作られているため響きが強いです。
この反響は、車内にまで響くことになるため騒音の1つになります。

3つ目はです。
マフラー交換に伴い、他の部分も強化することから発熱量は純正の比ではありません。
この熱は、マフラーを吊り下げているハンガーラバーを劣化させてしまいます。

純正のマフラーは、出力アップよりも法令遵守で作られているのでこの辺りは気にしなくても良いのですが、社外品のハイスペックなものを装着すると色々と気を遣う必要が出てくることを知っておきましょう。

4.マフラーの構成パーツ

エキゾーストマニホールド

エンジンとの接続部で、それぞれのシリンダーから排出される排気ガスのダメージを一番受けるパーツです。
純正パーツは簡素化された作りで、排気抵抗よりもコストダウンを第一に作られていますが、社外パーツには、それぞれの長さを等長化されたタコ足と呼ばれるハイトルク化を狙ったものもあります。

フロントパイプ

エキゾーストパイプで減速された排気ガスに、再度加速度を発生させるパーツになります。
パイプ口径を変化させることで排気抵抗を作り出し、より高効率で排気行程を進ませるために必要なパーツです。

センターパイプ

ボディーの下を這わせるためのパーツです。
素直に直線的な作りではなく、複数の曲げを作ることで排気抵抗を生み出すように設計されます。

触媒コンバーター

排気ガス中の有害物質を浄化するパーツです。
重さがあるだけでなく、排気抵抗の極みになるパーツで、少々大きすぎる排気抵抗を生み出します。
ハチの巣状のモノリスタイプと粒状のペレットタイプが存在します。
排気効率を上げるためにストレートパイプも出回っていますが、清浄作用がなくなるので法令違反になります。

リアピース

自動車の後ろから見えるマフラーの出口です。
消音機能を持つ部分で、最後の排気抵抗を担っています。
社外パーツでは、消音性能よりも排気効率と音に着目され、マフラーの最も特徴が分かれるパーツになります。

5.まとめ マフラーに求める性能

実際にマフラーにとって必要とされる性能は、消音性能と清浄性能がメインとなります。
燃料を燃やしながら走行する自動車だからこそ、空気をできる限り汚さずに、騒音を立てないで移動する必要があります。

しかし、社外パーツは自動車が本来持っているポテンシャルを引き出すことに着目して、あなたの自動車愛を揺さぶる魅力的な商品を出してきます。

全てを網羅できる製品はありません。
あなたがどのようなチョイスをするのか、自動車としっかり向き合って考えてみましょう。
 
 
■チューンナップやメンテのことをもっと知りたい方はこちら!■
 

 

 

 

 

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識