クルマの基礎知識

自動車業界の経験者が教える、他では聞けない「クルマの基礎知識」

元プロメカニックが斬る「オートマチック車の罠」!便利さの裏に潜むリスクとは?

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

3速オートマチックトランスミッションから、現代の無段階オートマチックトランスミッションまで大きな進化を遂げたオートマチック車は、誰がみても便利で手軽に運転することができるアイテムです。

しかし、その便利さと引き換えに、私達は大きな危険性も手にすることになりました。
その危険性という落とし穴に目をつむり、それでもなお進化することを止めない自動車にあなたは気付いていますか?

今回は、進化が進むオートマチック車による弊害・落とし穴について理解を深めてみたいと思います。

1.オートマチック車は便利だが危険性も高い

オートマチック車が全盛で、道を走行している自動車のおよそ9割がオートマチック車といっても過言ではありません。
操作が楽になり、機構が複雑化したため自らある程度の整備をするということも減り、実際子供であっても運転することができてしまうほどに進化してしまっています。

この上、自動運転が持てはやされている昨今、自動車を走行させるのに「運転免許証が本当に必要なのか」という問題に突き当たってきます。

もしあなただったら、運転席に座っているだけで目的地に到着する自動車を便利に感じますか?
確かに疲れないかもしれませんし、下手をしたら眠っている間に事故もなく目的地に到着することも可能かもしれません。

自宅から目的地という終着点まで移動してくれるプライベートトレインとでも言い換えることができるでしょう。

まさに理想的な移動手段です。

しかし、これはオートマチック車だからこそできる便利さであり、それと同時に大きな落とし穴があるということに気付いていません。

その落とし穴というのが「フルオート化による予期せぬ故障に対応できない」ということです。

今はまだ、運転手が操作をしなければ自動車がしっかりと走行することができないので考えにくいことかもしれませんが、今後自動走行が可能となってくることを考えると、電気的故障を起こしたり機械的故障が起きるということは確実なものになるでしょう。

さらに、電波障害によってGPSを受信しづらくなった場合、道路をそれて谷底へ落ちてしまう事故や、民家へ追突する事故が起きないとも限りません。

操作が容易になるほど、ドライバーにとっての安心感は大きくなります。
しかし、その裏で怠惰となっている人間の反応速度が奪われていることに気付いてください。

2.オートマチック車に多いトラブル

テレビニュースを見ていれば、月に一度は耳にする「お年寄りの操作ミスによる事故」は、オートマチック車だからこそ起こるトラブルです。
これが、もしマニュアル車であったとしたら、シフト操作のミスもアクセルとブレーキの踏み間違えもかなりの確率で減少するものです。

複雑な操作をほぼ伴わないオートマチック車は、メカニカル的なトラブルも発生します。

たとえば、滅多に交換する必要がないとされている「ミッションオイル」を規定距離数で交換した場合、トランスミッション内の「クラッチ板」がはがれるというトラブルを引き起こします。
これは、長年オイル漬けとなっているクラッチ板の劣化を想定していないことから起こるトラブルです。

年間1万kmの走行を想定されている自動車が10万kmの総走行距離に達するには10年かかります。
その10年間、潤滑と作動しか行わないとされているミッションオイルは、熱やカーボンによっては劣化しないという状況を前提に設計されています。

しかし、現実にはミッションオイルも熱の影響を受けますし、エンジンからのカーボンはなくともクラッチ板やギヤの摩耗による汚れが発生するものです。

劣化が激しくなってからオイルを交換するということは、人間の人工透析と同じような現象を自動車に施しているのと変わりません。
弱っているパーツを自己修復する機能は、自動車には全くありません。
新しいオイルと交換したからといって、必ずしも良い影響を与えるわけではないのです。

他にもオートマチック車だからこそ起こるトラブルというものはたくさんあります。
その多くは、操作を簡略化したことによるメカニカルトラブルばかりです。
便利というものには、必ず落とし穴があるということを知っておいてください。

3.オートマチック車よりマニュアル車を選ぶべき?

年齢を重ねるに連れて、人間の反射速度というものは劣化していきます。
どんなに鍛え抜かれた人間であってもです。

この人間の劣化というものを感じた場合、オートマチック車というのは【凶器】になると考えてください。

自動車自体が凶器になる可能性があるのというのは、どんな年代においても当てはまりますが、反応速度が遅くなってしまった状態でオートマチック車を運転するということは、「抜身の日本刀を持って歩いているようなもの」です。
いつ事故が起こってもおかしくありません。
せめてサヤに収めておくためにマニュアル車という選択をすることで、一つ一つの動作にクラッチ操作という安全装置を作ることができるのです。

オートマチック車というのは、エンジン始動後はアクセル操作とブレーキ操作の2行程のみで運転することができます。
しかし、マニュアル車にはそれにクラッチ操作が必要となり、動作のさいには必ず1行程クッションを作ることができるのです。

このクッションを設けることで運転自体が難しくなってしまった場合、事故を起こす可能性から考えてあなた自身で運転されることはオススメできません。
そのバロメーターとしても、お年を召された方にはマニュアル車がオススメです。

4.まとめ ハイテク化したオートマチック車よりもマニュアル車の方が良い面もある

まだまだ自動車の進化は止まることはないでしょう。
フルオート自動車が実現したら、今度は燃料問題をより掘り下げていくことでしょう。

交通機関がフルオートメーション化するということは、生活の豊かさ以上にテロリズムの増長を促す結果となる恐れがあります。
電波ジャックによって要人が狙われたり、一般市民でさえ容易に誘拐することさえできるようになってしまいます。

ハイテク化には歯止めが利きません。
人間の生活を豊かにするための努力を止める人間がいないからです。

しかし、ここでマニュアル車を復興させることは、少子高齢化が進んだ日本には大切なプロセスだと考えます。
便利を追求するあまり、間違った方向に向かわないためには、スタートラインを見直すことが必要です。

操作ミスによって交通事故が多発している今、オートマチック車に頼り切ることは危険を増長しているといってもおかしくありません。
事故を起こさない自動車を作るよりも、事故を起こさないように運転を自重することができる世の中を作るべきでしょう。

操作ミスは過信から引き起こされます。
少しでも難しい道を歩むのが、現代には必要な選択です。
子供たちの将来のためにも、マニュアル車を衰退させてはいけません。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
クルマの基礎知識