クルマ好きなら毎日チェック!「最新!クルマニュース」

手放せないほど便利なスマートキーの仕組みと利便性、その未来はどうなる?

2018.11.05

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

最近では軽自動車にまで『スマートキー』が普及しています。スマートキーは鍵を持っているだけで鍵を使わずにドアロックを解除したりエンジンをかけたりすることができる便利な車の鍵です。

そんなスマートキーの恩恵にあずかっている人も多いかと思いますが、スマートキーには意外なデメリットとリスクがあることをご存じでしょうか

スマートキーの仕組みとは

スマートキーはどんな仕組みになっているのでしょうか。実は、スマートキーは常に微弱な電波を発信しています。一方、車側は鍵が発信している電波を受信するための準備を行っています。

スマートキーを持った人が車に近寄ると、車が鍵の発信する電波を受信してドアロックを解錠できるようになります。また、スマートキーを持った人が車の中に入ると、エンジンを始動することができるようになります。

もちろん、スマートキーが車内にあれば車外からドアロックしようとしてもキーが車内にあることを車の方が検知してドアロックできない仕組みになっています

また、防犯面でもスマートキーにはいわゆるイモビライザーと同じ仕組みも組み込まれていて、スマートキーの発信する電波には車のキーIDを特定するためのデータが含まれるため、同じ電波でもキーのIDが、登録されているものではない場合には、ロックの解除もエンジンの始動もできません

スマートキーがあって便利なこととは

スマートキーがあることによって、スマートキーをいつも持ち歩くバッグなどに入れておけば車のキーをなくしたり探し回ったりすることも少なくなります。

通常のキーにドアロック解除のリモコンが付いたリモコンキーでは、ドアロックを解錠するのに車のキーを取り出してボタンを押す必要があります。しかし、スマートキーでは鍵を取り出すことすら必要ありません。

また、車の鍵が入った鞄やジャケットを車の中に置きっぱなしにしていても、車が検知してドアロックされないので、鍵の閉じ込めをする事もなくなります。

ちょっと便利なスマートキーの裏技的な使い方をご紹介します。

スマートキーなら、エンジンをかけている状態でスマートキーを持ち出し、外からドアロックできるのです。

スマートキーをイグニッションに挿しておく必要が無いというスマートキーの特性を利用したちょっとした裏技です。(※メーカーや車種によってはできない場合もあります)

スマートキーで気をつけないと行けない失敗

スマートキーを採用した車でも不便な点や気を付かなければならない点があります。

まず始めに、スマートキーはキーが車の中にあるか外にあるか判断することができると説明しましたが、鍵を置く場所によってはスマートキーが車の外にあると誤判定されることがあります。
メーカーや車種にもよりますが車の鍵がトランクに置いてあるときに、キーの閉じ込み防止装置が働かない場合があるという事例があります。
たとえば、トランクの荷物を下ろすのにスマートキーが入った鞄などをトランクにおいて荷物を下ろし、そのあと鍵の入った鞄をおろさずにトランクを閉めてしまった場合などです。スペアキーが手元にあれば良いですが、無い場合は結構面倒なことになります。

逆に言うと、エンジンをかけた後に鍵を外に持ち出して、外に置いたまま走り出すと、出先で二度とエンジンを始動することができなくなってしまいます。(もちろん鍵が外にある場合、車に警告が表示されることが多いです)

もうひとつはスマートキーを水没させてはいけません。スマートキーには多くの場合非常用の物理キーが収納されているのが一般的ですが、非常用の物理キーができるのはドアロックを解除することだけです。
スマートキーの非常用物理キーは、スマートキーの電池切れを想定してるのです。車の中に入ることができれば、スマートキーの電池が切れていてもエンジンを始動する方法が用意されています。

しかし、スマートキーを水没させたりして壊れてしまった場合には、車のエンジンを始動することができなくなるので、注意しなければなりません。もちろん自動車メーカーも多少の雨や水に濡れたぐらいでは問題がないように防水対策はされていますが、用心するに越したことはありません。

スマートキーを使った窃盗手口とは

とても便利なスマートキーですが、スマートキーが持つ特徴を悪用した窃盗手段も存在しているのでご紹介しましょう。

スマートキーは常に電波を発信していると説明しました。発信している電波は非常に弱い物で、車の近くキーを持っていかなければ受信できないほどです。

しかし、窃盗犯はその電波を増幅し、中継することができる機械を持っています。スマートキーが発信する電波さえ受信すればその電波を増幅、中継させて車の近くで発信すれば、車はスマートキーが近くにあると誤認識してドアロックの解除・エンジンの始動ができてしまうのです。

エンジンを始動してしまえば、エンジンを止めるまでは走ることができることもまた、スマートキーを使用した車の特徴なのは、先に説明したとおりです。

スマートキーの先にある物とは

スマートキーは、非常に利便性の高いアイテムで一度使ってしまうと、ドアロックの解除に車の鍵を探したり、イグニッションにキーを刺してひねるという、昔ながらの鍵を使うととても不便に感じてしまいます。
しかし、便利な分注意しなければならない事もあるのは説明したとおりです。では、今後、車の鍵はどのように変化していくのでしょうか。

たとえば、ランドローバーではオプションで完全防水のリストバンド型のスマートキーを購入することができます

このリストバンドを身に着けていれば、鍵を持ち歩く必要も無く、そのままサーフィンや水泳も楽しむことができるのです。

また、最近多くの人が身に付けて持ち歩いている電波を発する機械と言えばスマートフォンがあります。このスマートフォンを車の鍵の代わりに使おうという動きがあります。

2018年6月Car Connectivity Consortium(カー・コネクティビティー・コンソーシアム)はスマートフォンのNFC(おサイフケータイやFeliCaの仕組み)を使った車の鍵の新しい規格「Digital Key Release 1.0」を提言しました。

スマートフォンが鍵になれば、鍵の受け渡しを直接行わなくても、期限付きの認証キーを送ることによって解決することが期待されていますし、北欧ではスマートフォンを鍵として使うことによって車のトランクを宅配ボックスの代わりに使用することなどが企画されています。

またそのほかにも、指紋や顔認証といった生体認証を鍵の代わりに使用することなども検討されているようです。
車の鍵は車本体と比べると地味なアイテムですが、利便性の向上と防犯性を高める為にまだまだ進化していきそうですね。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

関連記事

高額査定が続々!一括査定を試した結果をご紹介

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!

ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。

年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。

社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう! 一括見積査定を利用するときの手順をおさえておこう!
タグ一覧